紅ゆずるが『徹子の部屋』で共演する中村壱太郎との関係・宝塚ニュース2017/6/28

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年6月のまとめ
2017年5月のまとめ

紅ゆずるさん・星組トップスター『徹子の部屋』出演決定!

宝塚大劇場・東京宝塚劇場でのお披露目公演・星組『スカーレットピンパーネル』を無事に務めた紅ゆずる(くれないゆずる)さん。

異色のコメディーセンスのあるトップスターとして注目を浴びています。

一般メディアへの出演情報も出て、地上波でジェンヌさん、しかもトップスターが見られるチャンスと嬉しいことですね。

↓↓無事千秋楽の幕を降ろした『スカーレットピンパーネル




紅ゆずるの『徹子の部屋』出演

■放映日 7月11日 テレビ朝日系「徹子の部屋」

劇団によると、現役タカラジェンヌが同番組に出演するのは異例だといい

(出典:日刊スポーツ2017年6月27日

確かに『徹子の部屋』には数多くのOGジェンヌさんは出演されていますが、現役のトップスターさんが出演というのは、管理人・すみれ子も記憶にはありません。

しかも歌舞伎俳優の中村壱太郎(なかむら かずたろう)さんと一緒の出演と言うのですから、楽しみになってきますね。

↓↓中村壱太郎さん

(出典:中村壱太郎公式サイト

宝塚と歌舞伎の王子様・中村壱太郎さん

中村壱太郎さんは両親の影響で幼い頃から宝塚を観劇されていたそうなのですが、 宝塚との繋がりは観劇だけではありません。

宝塚の専門チャンネル「タカラヅカスカイステージ」の番組、「スカイ・ステージ・トーク」では、2014年には、現在専科の沙央くらま(さおくらま)さんが、中村壱太郎さんをリクエストして共演しています。

宝塚と歌舞伎には共通点も多いので、舞台人として盛り上がるものも感じました。




他にも・・

 ■25ans (ヴァンサンカン)  1月号 [2013年11月28日発売]
[別冊付録] 100周年アニバーサリー TAKARAZUKAゴージャスでの対談

■「演劇界」(2015年1月号)   [ 12月5日 発売 ]
巻頭大特集 「歌舞伎と宝塚」 中村  壱太郎 × 石田昌也

(出典:中村壱太郎公式サイト

以上のように雑誌掲載でも宝塚との関わりが伺えます。

また・・・

↑↑の中の「今日のジョッキー」というのは、中村壱太郎さんがパーソナリティーを務めた NHK-FM「壱太郎の邦楽ジョッキー」という番組です。

2015年にはこの番組に紅ゆずるさんがゲスト出演していたのですね。

徹子の部屋」で紅ゆずるさんと中村壱太郎さんが共演するに至ったのは、こんなふうに以前からの親交があったことが理由でしょう。

紅ゆずるさんはコメディーセンスがあるのみならず、非常に頭の回転の早く、トークが冴え渡る点では他のトップスターに追随許さない力を持っている人です。

(一般地上派ではやはりそういう力は必要でしょう)

その紅さんと歌舞伎界のプリンスが、黒柳徹子さんのMCでどんな魅力ある会話をするのか? 放映が待ち遠しいものです。




紅ゆずるの「ぐるっと関西おひるまえ」

■7月3日(月)11:30~12:00   NHK大阪

この番組はNHKの関西ローカル番組。

過去にも現役ジェンヌさんが出演されたことが何度かあります。

月曜から木曜のキャスターは、太平サブローさんと河島あみるさん。

サブローさんの面白いトークに、紅さんがどんな風に絡むのかなぁ?と考えるワクワクしてきます。

関西の皆さんはぜひお楽しみに!

↓↓ドリームジャンボCM の紅ゆずる

ドリームジャンボのCMで、宝塚を知らない人も「あの人だれ?」と思ったはずの紅ゆずるさん。

宝塚の生徒さんの中には舞台以外のトークが苦手・・・という生徒さんもいらっしゃいます。

しかし、紅さんのようにトークにおけるサービス精神が旺盛で、かつそのトークで人を楽しませる力のある人がどんどん一般メディアに露出する機会が増えれば、「宝塚=ベルばら」なんていう古いイメージも払拭されていくことでしょう。

そんなスターが誕生したこと、すみれ子は嬉しい出来事だと思っています。

↓↓関連記事


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年6月のまとめ
2017年5月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする