朝美絢主演バウのヒロインは?朝夏まなと関連情報・2017/11/20

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年11月のまとめ
2017年10月のまとめ

雪組バウホール公演『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』の主な配役が発表になりました。

今日はこの配役と昨日退団された朝夏まなとさんにまつわるネットの話題をお届けします。

朝美絢主演、宝塚バウホール公演『義経妖狐夢幻桜』

今年、月組から雪組へ組替えになり、『CAPTAIN NEMO…ネモ船長と神秘の島…』から雪組生として活躍している、朝美絢(あさみじゅん)さん。

月組時代に『A-EN(エイエン)ARTHUR VERSION』で宝塚バウホールでの主演を果たしていますが、この作品はいわば暁千星(あかつきちせい)さんとW主演的な要素がありました。

今回の『義経妖狐夢幻桜(よしつねようこむげんざくら)』は堂々たる単独初主演!




朝美絢さんの主演はすでに発表済みでしたが、相手役となるヒロインは今日発表されました。

それは星南のぞみ(せいな のぞみ)さん。

98期生(研6)で二度の新人公演ヒロインを経験。

宝塚バウホールでは初ヒロインを射止めましたが、退団した星乃あんり(ほしのあんり)さんの後任として樋屋製薬のイメージキャラクターを務める期待の娘役さんですね。

作品は和風ロックファンタジー。

若手の谷貴矢氏の作・演出でどんな作品に仕上がるのかも楽しみです。

↓↓【関連記事】




朝夏まなと退団の日のいろいろ

昨日、宙組トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんが宝塚を卒業し、すでに宝塚の公式サイトには宙組トップスターとして真風涼帆(まかぜすずほ)さん、そしてトップ娘役として星風まどか(ほしかぜまどか)さんの写真とプロフィールが掲載されています。

少し寂しさを感じざるえませんね。

朝夏まなとさんは宙組では7代目のトップスターでした。

まぁ様(朝夏)の一つ前のトップスターは凰稀かなめ(おうきかなめ)さん。

「宙組6代目! 卒業します!」と去って行かれた日が懐かしです。

その凰稀かなめさんがご自身のインスタグラムに、まぁ様を労うような記事を投稿されていました。

おめでとうございます そしてお疲れ様でした😌 #第二の人生 #楽しんでください #8代目へ

凰稀かなめ Kaname Oukiさん(@kanameouki_official)がシェアした投稿 –

8代目となる真風涼帆さんへのお祝いの気持ちと、卒業する7代目のまぁ様を労う気持ちのこもった投稿です。

こういう記事を見つけると、宝塚の先輩が後輩を思う心はいつも変わらない。

そして良いものだと感じます。

改めて、真風涼帆さんにもゆりかさん(真風)らしい空組を作っていってほしいものと思いました。




そして・・・

宝塚大劇場の千秋楽と同じように前トップ娘役・実咲凜音(みさきりおん)さんも劇場へ駆けつけていたようです。

本当にまぁ様を宝塚の上級生、相手役さんという以上に舞台人として尊敬しあったような素晴らしい「まぁみり」は同時退団ではなかったもののたくさんの思い出深い舞台を作ったコンビでした。

もちろん・・・

みりおん(実咲)は95期生として、退団する同期・伶美うらら(れいみうらら)さん、彩花まり(あやかまり)さん、涼華まや(すずか まや)さんのお手伝いということもあったのでしょう。

ここには元・星組トップ娘役の妃海風(ひなみふう)さんも写っているし、95期生が集結した日でもあったようです。

↓↓【関連記事】


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年11月のまとめ
2017年10月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする