宝塚プチニュース・2017/1/25 バウ『燃ゆる風』千秋楽、他

広告 自由サイズ
     

2017/1/25 ■2017年1月の宝塚プチニュース■

宝塚にまつわる日々の小さなニュースをお届けしています。

今日から宝塚プチニュース、ほぼ日刊で更新していきます。

どうぞよろしくお願いします。

1月1日から1月20日までのニュースは以下からご覧ください。

2017/1/1〜1/10
2017/1/11〜1/20

星組・七海ひろき初主演『燃ゆる風』千秋楽

1月23日に星組・七海ひろき(ななみひろき)さんの宝塚バウほーる公演『燃ゆる風 -軍師・竹中半兵衛-』が無事に千秋楽の幕を下ろしました。

大変人気公演でチケットが全く取れない・・・

と嘆いているファンがたくさんいたようですが

管理人・すみれ子もその通りで見ることが叶いませんでした。




七海ひろきさんが星組へ組み替えになる前、宙組時代から

爽やかなさがチャミングポイントのカイさん(七海)は目の離せない人でした。

一番印象に残っているのは宙組時代最後の出演作『TOP HAT』のホレス。

同期の純矢 ちとせ(じゅんやちとせ)さんとコメディーセンスで舞台を盛り上げ、笑わせてくれました。

カイさん! 主演おめでとうございます!

お疲れ様でした。

そしてバウ公演中にお誕生日を迎えられたとか・・・




最近、星組生カラーにすっかり染まってきたカイさん!

これからもご活躍を祈っています。

↓↓【関連記事】

90周年の宝塚レビュー




「90周年の宝塚レビュー、動員過去最高、海外開拓にも力を入れる方針で、レビューはその鍵を握る要素の1つ。

・・だそうですが、

観て、聴いて、肌で感じるだけで夢やパワーを得ることができるレビューは

国内にも楽しみにしている宝塚ファンがたくさんいます。

そういう意味で宝塚が海外ミュージカルの舞台化へ力を注ぐだけでなく

芝居+レビュ−の基本的なスタイルで上演する機会を維持していった欲しいものです。

・・・そんなことを考えながら読んだ記事でした。

岡田敬二先生も伝統的な古き良き時代を知る、

数少ない作・演出家ですので、

レビューの歴史を若き作家さん達に継承していって欲しいですね。


宝塚プチニュース」では宝塚の情報をメインに

時々OGさんの話題も交えながら

ほぼ日刊で最新情報を更新中です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする