松岡修造氏の長女はこの人!、宝塚音楽学校入学試験密着レポ・宝塚ニュース2017/3/31

広告 自由サイズ
     

ほぼ日刊!

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中
 2017年3月のまとめ
■ 2017年2月のまとめ

松岡修造の長女・松岡恵さんはこの人!

昨日(3月30日)、元テニスプレーヤーの松岡修造氏の長女・松岡恵さんが、宝塚音楽学校に合格したことが大きなニュースとなっていました。

↓↓ この人が松岡恵さん

受験生の中でブルーのコートがひときわ目立ち、各メディアにも取り上げられている・・・

そう思っていたら

この人が松岡恵さんだったようです。




父である松岡修造氏も自身のブログの中で・・・

宝塚歌劇団は、人を応援できる力がある。

娘には、創始者である小林一三さんのお言葉、

『清く、正しく、美しく、朗らかに』を心に
日々邁進してほしいと願っています。

(出典:修造コラム

「沢山の人たちに感謝!」と題して

お祝いの言葉に対するお礼と、娘さんに対してのエールを綴っていました。

メディアによって・・・

年齢は17歳で初受験という記載があったり

年齢18歳で昨年は不合格、今年ラストチャンスで合格

と記載されていますが、これについては本当のところ不明です。




修造は、阪急東宝グループの創業者で、1914年に宝塚歌劇団を生んだ小林一三氏のひ孫にあたり、父は東宝名誉会長の功さん、母は元星組男役スター・千波静(ちなみ・しずか)。枚挙にいとまがない“華麗なる一族”で育った恵さんは「初めての受験」で一発合格した。

(出典:スポーツ報知 3/31

父が有名人であるのみならず

まさに東宝グループの一員と言える家柄からコネ合格という噂が立ち兼ねません。

しかし・・・

仮に宝塚音楽学校にそういう手段では入れたとしても

バレエや歌の実力が伴わねば周囲はすぐにわかります。

そして舞台に立てば必ずファンが気づきます。

管理人・すみれ子は「実力」なき合格はないと考えています。

なにはともあれ、注目されるプレッシャーがありますが2年間の音楽学校での日々を頑張って欲しいものですね。

↓↓【関連記事】

宝塚音楽学校受験生密着レポ

朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」はMCが宝塚OGの真矢みき(まやみき)さんなので、宝塚にまつわるニュースを取り上げることが多いです。

今日は今年の音楽学校受験生5人の受験直前から、昨日の合格発表までの密着レポートが放映されました。













この映像からも受験生の悲喜交々がリアルに伝わりましたが、

10代の一番多感な年頃に夢を追って自分の限界まで挑み続けた人達は

たとえ今回不合格であったとしても

必ずやその凝縮した時間が次の人生の糧になることでしょう。


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに
時々OGさんの話題も交えながらほぼ日刊最新情報を更新中です。

■ 2017年3月のまとめ
■ 2017年2月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする