早霧&咲妃さよなら公演まで1週間、妃海風バースデー・宝塚ニュース2017/4/13

広告 自由サイズ
     

ほぼ日刊!

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年4月のまとめ
 2017年3月のまとめ

早霧せいな&咲妃みゆ、さよなら公演初日まで1週間

雪組トップコンビ、早霧せいな(さぎりせいな)さんと咲妃みゆ(さきひみゆ)さんのさよなら公園となる『幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic“S”!』の初日も1週間後の4月21日と間近になってきました。

ファンから「ちぎみゆ」と呼ばれて愛されてきたコンビ。

100周年の宝塚大運動会でコンビデビューした頃は

このコンビどうなるのだろう? と一抹の不安を持った、管理人・すみれ子でしたが

本当に愛されるコンビに成長し、ファンを楽しませてくれたと思います。




ちぎさん(早霧)は宝塚大劇場お披露目公演でまさかの『ルパン三世』を爽やかに演じて、新鮮な魅力を感じました。

その後、『星影の人』『星逢一夜』『るろうに剣心』とトップ時代には日本物主演が多かったですが、どの主人公達もクールな外見とは裏腹に熱いハートのある人物ばかりでした。

「ここまできたら、青天(和物かつら)もしっくりくるねって言われたら、しめたもん」

(出典:日刊スポーツ 2017年4月13日

と語っていらっしゃいますが・・・

日本物芝居の雪組」を復活させたのはちぎさん(早霧)の力が大きいでしょう。

「さようなら~じゃなくて、じゃあな! で」

(出典:日刊スポーツ 2017年4月13日

と宝塚をさっと去っていくおつもりでしょうか?

華奢な身体で誰よりも熱く、男の中の男を演じてきたちぎさん。

最後までその熱さのまま突っ走っていって欲しいものです。

↓↓【関連記事】




「早霧さんの求めるトップコンビ像は、個々として命がけで舞台に立ってこそ、互いが引き立つものだと、教えていただきました」

(出典:日刊スポーツ2017年4月13日

月組から雪組に組み替えになった、前トップ・壮一帆さんのサヨナラ公演『一夢庵風流記 前田慶次』で、すでに舞台で光る存在でした。

どこか天然キャラの咲妃みゆ(さきひみゆ)さんでしたが、

いつも早霧せいなさんを相手役というだけでなく、

人としてひたすら慕っている気持ちは感じられ、いじらしい娘役さんでした。

最後まで「ちぎさんに着いていく

そんな気持ちも感じられますね。




昨日、ご紹介した103期生の初舞台ともなる

幕末太陽傳(ばくまつたいようでん)』『Dramatic“S”!

初日の幕が開くのが楽しみなようで、切ないようで・・・

ただ雪組生、103期生が元気に日々舞台を勤められることを祈っています。

↓↓【関連記事】

妃海風さんの誕生日&所属事務所決定




風ちゃん(妃海)、お誕生日おめでとうございます!

星組トップコンビとして北翔海莉(ほくしょうかいり)さんと走り続けた、妃海風(ひなみふう)さん。

退団すると、なかなか会える機会もないでしょうが、

みっちゃん(北翔)にお誕生日を祝ってもらって嬉しそうですね。

28歳をとなった12日からジーアールプロモーションに所属し、女優としてのスタートを切ったそうです。

目標は、歌、演技ともに華やかなエンターテイナーぶりに定評がある及川光博(47)。及川は宝塚ファンで、元宝塚娘役トップの女優、檀れい(45)を妻に持つことでも知られるが、「愛称の『ミッチー』という個性をセルフプロデュースで表現され、私の憧れ」とほほえんだ。

(出典:サンケイスポーツ 4/12

ふうちゃんの目標がミッチー???

と意外な気もしますが、

サバサバと男前な気質を感じさせた、ふうちゃんですから

女性版ミッチーも似合うかもしれませんね。

↓↓妃海風さんの公式インスタグラムには動画もありました!


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに
時々OGさんの話題も交えながらほぼ日刊最新情報を更新中です。

2017年4月のまとめ
■ 2017年3月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする