花組『はいからさんが通る』、星組DVD、雪組学割チケ他公演情報、・宝塚ニュース2017/4/16

広告 自由サイズ
     

ほぼ日刊!

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年4月のまとめ
 2017年3月のまとめ

星組『オーム・シャンティ・オーム―恋する輪廻―』DVD

星組、新トップコンビ紅ゆずる(くれないゆずる)さんと綺咲愛里(きさきあいり)さんのプレお披露目公演となった『オーム・シャンティ・オーム―恋する輪廻―』のDVDが発売になりました。

この公演は東京のみの公演(東京国際フォーラム ホールC)でしたが、大変好評だったため大阪での再演が決まっています。

■梅田芸術劇場メインホール公演
■7月22日(土)~ 8月7日(月)






『オーム・シャンティ・オームー恋する輪廻ー』DVD

梅田芸術劇場での再演は、礼真琴さんが抜けるので

オーム・プラカーシュ・マキージャー【俳優】/オーム・カプール【俳優】 紅 ゆずる
シャンティプリヤ【女優】/サンディ 綺咲 愛里
ムケーシュ【プロデューサー】 礼真琴 → 七海 ひろき

主な配役も変わります。

東京版の『オーム・シャンティ・オーム―恋する輪廻―』が好きだった!というファンの方、礼真琴さんのムケーシュを見たい!という方にはオススメのDVD。

スカーレットピンパーネル』のパーシー、マルグリットとは全く違う魅力を楽しめそうです。

学生割引で観劇できる宝塚、雪組公演

宝塚大劇場では毎年ゴールデンウィークに学生を対象にした割引チケットを販売していますが、今年も学割チケット販売が行われます。

  • 期間 2017年4月29日(土)~5月7日(日)
  • 対象 お子様・学生(3歳以上~大学生・専門学校生)
  • 割引価格 当日券<A席、B席>を一律1,500円引き

A席 5,500円 → 4,000円
B席 3,500円 → 2,000円

お財布に優しい価格になるので、学生さんには嬉しいサービスです。




気になるのはこの公演は雪組トップコンビ・早霧せいな(さぎりせいな)さんと咲妃みゆ(さきひみゆ)さんの退団公演、加えて103期生の初舞台公演でかなりチケット難状況です。

当日券を購入される場合は、前日に公開される「当日券」情報を宝塚歌劇団公式サイトで確認されてからのお出かけがオススメです。

宝塚大劇場近辺では徹夜で並ぶことは禁止されていますので、くれぐれも注意してくださいね。




柚香光主演・花組『はいからさんが通る』

花組・柚香光(ゆずかれい)さんの梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、日本青年館ホールでの主演が決定しました。

なんと・・・

作品は『はいからさんが通る』です!

  • 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ 2017年10月7日(土)~15日(日)
  • 日本青年館ホール 2017年10月24日(火)~30日(月)

柚香光さんは新人公演主演をはじめ、2014年6月 – 7月には宝塚バウホール公演『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』で主演を努められましたが、今回は初の外箱主演ですね。

おめでとうございます!

↓↓【関連記事】

はいからさんが通る』は、大和和紀(やまとわき)さんのコミック作品で、週刊少女フレンドに1975年 – 1977年の2年間連載された人気作品。

1978年6月から1979年3月までTVアニメ化されたり、1987年には南野陽子さん主演で実写映画化もされました。

実は宝塚でも作品化されてTV放映されたことがあります。

古くから宝塚ファンの方はご存知かもしれませんが、関西TV系列では『ザ・タカラヅカ』や『宝塚テレビロマン』と題してジェンヌさんが登場する番組制作が行われていた時期がありました。

その頃『宝塚テレビロマン』の第1作目として放映されたのが植田紳爾氏脚本・演出による『はいからさんが通る』だったのです。

その時の配役は

花村紅緒 花鳥いつき
伊集院忍 平みち 花組トップ男役
冬星 剣幸 月組トップ男役
美雪花代 花組トップ娘役
鬼島軍曹 日向薫 星組トップ男役
藤枝蘭丸 瀬川佳英
ラリサ 遥くらら 星組トップ娘役




後にトップスターになった生徒さん達が多数出演されていたので、振り返ってみると驚きの作品でした。

花村紅緒役は誰かな?

原作には美形男子は満載なので、その配役もきになるところです。

柚香光さん主演『はいからさんが通る』は脚本・演出が小柳奈穂子氏ですから、また新しい角度で新鮮な舞台が出来上がることでしょうね。

明日海りお&仙名彩世主演、『ハンナのお花屋さん』

一方、明日海りお(あすみりお)さん&仙名彩世(せんなあやせ)さんトップコンビの主演作は・・
ハンナのお花屋さん —Hanna’s Florist—

  • TBS赤坂ACTシアター
  • 2017年10月9日(月)~10月29日(日)

作・演出は、植田景子氏。

人生の豊かさを問いかけるオリジナルミュージカルだそうですので、次回宝塚大劇場、東京宝塚劇場公演の『邪馬台国の風』の世界から一気にワープして、ロンドンを舞台に繰り広げられる植田先生のオリジナルワールドと、トップコンビに期待です。


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに
時々OGさんの話題も交えながらほぼ日刊最新情報を更新中です。

2017年4月のまとめ
■ 2017年3月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする