宙組次期トッププレお披露目『WEST SIDE STORY』&『不滅の棘』出演者・宝塚ニュース2017/9/24

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年9月のまとめ
2017年8月のまとめ

今日は朝夏まなとさんの退団公演ライブビューイングに続き、次期トッププレお披露目公演となる『WEST SIDE STORY』と、愛月ひかる(あいづきひかる)さんの初東上作品となる『不滅の棘』の主な配役や出演者が発表されました。

これは別記事として紹介します。

『WEST SIDE STORY』出演者と主な配役

主な配役はある程度予想どおりです。

トニー 真風 涼帆
マリア 星風 まどか
ベルナルド 芹香 斗亜

10月30日付で花組から宙組へ組替えとなる、芹香斗亜(せりかとあ)さんも、『WEST SIDE STORY』組に加わり、ベルナルド!

専科から英真 なおき(えまなおき)さんが出演です。

宙組組長の寿つかさ(ことぶきつかさ)さん、ダイナミックなダンスを見せてくれる蒼羽 りく(そらはね りく)さん、風馬 翔(ふうまかける)さん、和希そら(かずきそら)さん、そして芹香斗亜さんの組替えで三番手は難しくなっている桜木みなと(さくらぎみなと)さんも『WEST SIDE 』チーム。

このミュージカルは舞台、映画も面白いですが、何と言ってもレナード・バーンスタインの楽曲が素晴らしいです。

知らなくとも「あれっ?どこかで聴いたことがある」という有名な曲ばかり。

来年(2018年)はバーンスタインの生誕100周年に当たるところから、宝塚バージョンとして新たなる作品に生まれ変わるそうですから、それも楽しみな作品です。




↓↓今も色あせない映画『WEST SIDE STORY』

↓↓【関連記事】

『不滅の棘(とげ)』の出演者

『不滅の棘(とげ)』は、愛月ひかるさん主演。

愛月ひかるさんは宝塚バウホール『SANCTUARY(サンクチュアリ)』で主演経験がありますが、残念ながら東上することはありませんでした。

今回は初めての梅田芸術劇場シアタードラマシティ、日本青年館での公演。

待望の東上作品となります。

他の出演者は宙組副組長の美風 舞良(みかぜまいら)さん、純矢ちとせ(じゅんやちとせ)さんをはじめ、男役さんでは澄輝 さやと(すみきさやと)さん、凛城 きら(りんじょうきら)さん、星月梨旺(ほしづきりお)さんといった芝居うまさん達が出演。

この作品は2003年に春野寿美礼(はるのすみれ)さん主演で上演されているのですね




↓↓春野寿美礼さん主演時

(出典:https://ameblo.jp/bitaminan

チェコの作家カレル・チャペックの戯曲「マクロプロス事件」が原作となっていますが、宙組では『王家に捧ぐ歌』で関わりのあった木村 信司氏の脚本・演出なので、愛月ひかるさんはじめ出演メンバーの新たな魅力を引き出してほしいものです。

↓↓【関連記事】


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年9月のまとめ
2017年8月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする