紅ゆずる星組初日『ベルリン、我が愛』『ブーケドタカラヅカ』・宝塚ニュース2017/9/29

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年9月のまとめ
2017年8月のまとめ

昨日(9月29日)は星組公演『ベルリン、わが愛』『ブーケ・ド・タカラヅカ』の初日でした。

つい数日前に、宙組トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんが宝塚大劇場をご卒業。

そして千秋楽には星組トップスターで同期生の紅ゆずる(くれないゆずる)さんが、お花渡しのために立ったステージでは、次の公演がスタートしていると思うと、こうして宝塚の歴史は脈々と続いていくんだなぁ・・・と少しセンチメンタルになっています。

今日は星組公演初日のニュースをお届けします。

紅ゆずる『ベルリン、我が愛/ブーケ・ド・タカラヅカ』初日

ベルリン、我が愛

トップお披露目作品が『スカーレットピンパーネル』だった紅ゆずるさん&綺咲愛里(きさきあいり)さんコンビ。

2作目となる『ベルリン、我が愛』は時代背景はナチスが台頭しはじめる第二次世界大戦下のドイツ。

まさに宝塚の王道、スーツ物の時代です。

作・演出家、原田諒氏のオリジナルなので、おそらくは紅さんに当て書きされているのだろう。

そう、想像しつつ観劇する日を楽しみにしています。

偶然、タカラヅカスカイステージの稽古場情報で、お稽古最終の映像、そして初日映像も観ることができたので、立ち姿がきれいでクールにも見えるのに、映画への情熱にあふれている、紅さんが演じるテオ。

綺咲さんの大人っぽいジル。

ますます歌唱力アップの礼真琴(れいまこと)さんも恋愛あり?

主な配役の3人に加えて、七海ひろき(ななみひろき)さんのお髭姿が渋い!

月組から専科へ異動後、はじめての他組出演となる、凪七瑠海(なぎなるうみ)さん、この公演で退団する壱城 あずさ(いちじょう あずさ)さんの活躍も気になるところ。

あれこれ想像しながら、スカステに見入ってしまいました。




さゆみさん(紅)自身は・・・

「レトロなかっこよさ、様式美…。厚みのある男性。セピア系が似合い、芯が燃えている男」

(出典:日刊スポーツ9/29)

↑とおっしゃっていますが、セピア色のかっこいい男性に期待ですね。




また、時代背景的に暗いイメージを持っていましたが、初日の映像を観る限りそんなものは全く感じません。

明るく、映画への情熱にもえている主人公と仲間達。

これぞトップスター紅さんと、トップを支える明るい仲間(星組組子)とかさなるものがあるのかもしれません。

ブーケ・ド・タカラヅカ

下の写真のシルクハットに黒いコート。

そして白いストール姿のさゆみさん、かっこいいですね。

ショーの一場面では、この衣装の男役さん、数人がならんで歌う場面がチラッとスカイステージでながれていました。

『ブーケ・ド・タカラヅカ』は今年でレビュー90周年を迎えた宝塚の伝統を紡いだ作品です。

そういう訳で、王道のレビューシーンも盛り込まれ、シャンソンもたくさんつかわれている様子。

オールドファンのすみれ子は、往年のスター鳳蘭(おおとりらん)さんが歌われていた「セ・マニフィーク」がチラッと聞こえたので、そのあたりにもワクワクです。




ショーが好きな管理人・すみれ子は、初日の短い映像を観ただけでも血が騒いで早く観に行きたいモードになっています。

『ベルリン、我が愛』『ブーケ・ド・タカラヅカ』は初心者におすすめ?

この星組公演は・・・

  • オリジナルミュージカル(芝居)
  • 宝塚らしいショー作品

という点で、すみれ子的視点では、始めて観劇する方にもおすすめの公演です。

「宝塚を観てみたい」という方が近くにいれば、誘ってみられるのはいかがでしょう。

特に紅さんなら宝くじのCMに出ていた人、といえばご存じの人も多いかもしれませんね。

↓↓【関連記事】


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年9月のまとめ
2017年8月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする