はいからさんが通る&カヅラカタ歌劇団『1789』速報・宝塚ニュース2017/10/7

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年10月のまとめ
2017年9月のまとめ

今日は花組、梅田芸術劇場シアタードラマシティ公演『はいからさんが通る』の初日でした。
そして東海高校カヅラカタ歌劇団による『1789 -バスティーユの恋人たち-』も上演されました。

今日はこれらの公演についての情報をお届けします。

『はいからさんが通る』花組初日

ポスター画像から想像するだけでワクワクする『はいからさんが通る』が初日を迎えました。

いやはや・・・これがチケット難で、残念ながら管理人・すみれ子は観ることができませんが、初日の情報を色々集めて観ました。




『はいからさんが通る』の原作主役は花村紅緒ですが、宝塚では当然ながら許嫁の陸軍少尉・伊集院忍が主役!

この公演は関西(ドラマシティ)の後、日本青年館でも上演される柚香光(ゆずかれい)さんにとっては、初の東上作品。

しかも、花組二番手確定となり

柚香は「プレッシャーや責任感はすごくありますが、宝塚に合った作品。楽しんでいただけるのでは」と力強く語る。

(出典:産経west 2017.10.6 18)
という発言はもっともなことです。

長身でビジュアル的にも宝塚の路線スターにふさわしい柚香光さん。

若い時代から注目していましたが、辛口に言えばポジションに実力がまだ追いつかない印象があり、この公演での力量発揮に期待です。

映画版『はいからさんが通る』も公開されるんですねぇ。

でも・・・なんだか原作とはキャラクターデザインが違って、今風にアレンジされています。

原作をほとんどリアルタイムで知っている点ので少しあれっと思いましたが、名作ゆえに今また制作されるのでしょう。




宝塚のOG凰稀かなめ(おうきかなめ)さんも観劇に来られていたそうです。

宝塚を退団後、東宝版『1789』にご出演だったし関心があったのかもしれませんね。

↓↓【関連記事】

カヅラカタ歌劇団『1789』上演速報!

東海高校カヅラカタ歌劇団による『1789』が上演された会場は、こんな講堂。




東海高校交響楽団の皆さんも頑張っています。

昨年、カヅラカタ歌劇団による『エリザベート』上演を知った時、来年は観たいと思いましたが、結局叶いませんでした。

今年も素晴らしい舞台を観せてくれたようですよ。

この男役フィナーレのアンサンブルの見事なこと!

ピタッと揃えているあたり、本当に真剣勝負で舞台を作ってきたことが伝わってきますね。




宝塚OGの凰稀かなめ(おうきかなめ)さんもご観劇だったそうです。

卒業後、東宝版の『1789』にご出演だったので、関心をお持ちになったのかもしれません。

東海高校、カヅラカタ歌劇団についての詳細は関連記事を併せてお読みください。

↓↓【関連記事】


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年10月のまとめ
2017年9月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする