宙組『天(そら)は赤い河のほとり』主な配役発表!新生宙組体制判明?・2012/12/1

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる日々のニュースを配信中

2017年12月のまとめ
2017年10月のまとめ

宙組・新トップコンビお披露目公演となる『天(そら)は赤い河のほとり』の主な配役が発表になりました。

この記事では、その配役発表から新生宙組の体制を考えて観ます。

『天(そら)は赤い河のほとり』の主な配役と映像

主な配役は以下の通りです。

 カイル・ムルシリ  真風 涼帆
 ユーリ/鈴木夕梨  星風 まどか
 ウセル・ラムセス  芹香 斗亜

↓↓同時に発表された映像も素敵!!




真風涼帆さんのカイルのビジュアルが見事で、見とれてしまいます。

また星風まどか(ほしかぜまどか)さんも思った以上に落ち着きあるものです。

お披露目公演はまだ先(来年3月)ですが、ちょとドキドキしますね。

『天は赤い河のほとり』の主な配役からわかったこと

『天は赤い河のほとり』の主な配役発表を見れば、ヅカファンなら「やっぱりそうか!」とわかったことがありますね。

「主な配役」として掲載されるのは、トップコンビと2番手男役というのが定石です。

・・・ということは、10月30日付で花組から宙組に組替えしてきた、芹香斗亜(せりかとあ)さんが、新生宙組の2番手に決定したということでしょう。

宙組は前トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんが退団後、順当に2番手だった真風涼帆さんがトップスターに決まりました。

そして2番手には、朝夏さんトップ時代に3番手スターだった愛月ひかる(あいづきひかる)さんが昇格?

そう考えていたところに、芹香斗亜さんの組替えが発表されて、新生宙組の体制がどうなるのか、やきもきするファンもいました。

おそらくは・・・

  • トップスター・真風涼帆
  • 2番手スター・芹香斗亜
  • 3番手スター・愛月ひかる

以上の体制で、上級生の別格スター・澄輝 さやと(すみき さやと)さん、多くのスター排出の95期・桜木みなと(さくらぎみなと)さんらが、支えるという形になるのでしょうか。

↓↓【関連記事】




『天は赤い河のほとり』の原作を読む? 読まない?

『天は赤い河のほとり』は、1995年から2002年まで小学館発行の「少女コミック」に連載された人気コミックとして、この舞台化は話題になりました。

連載当時に読まれた方もいらっしゃるでしょう。

管理人・すみれ子は全く知らないコミックなので、舞台を観る前に読んでみようかどうしようか?と考えていますが、なにせ長編なのでなかなかその気に慣れません。

もうここは・・・

宝塚の舞台で楽しんでしまう!

そう言う楽しみ方もあるでしょうね。



天は赤い河のほとり [文庫版] (1-16巻 全巻) 全巻セット

↓↓【関連記事】


「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2017年12月のまとめ
2017年11月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする