風間柚乃主演・月組『カンパニー』新人公演配役発【速報】

広告 自由サイズ
     

【速報】「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年1月のまとめ
2017年12月のまとめ

月組公演『カンパニー』新人公演の主役が風間柚乃(かざまゆの)さんであることはすでに発表

済みでしたが、今日、全ての配役が出揃いました。 この記事では『カンパニー』新人公演配役の気になるポイントについて綴って行きます。

風間柚乃、新人公演初主演!

風間柚乃さんは、先般の月組公演『All for One』本公演でもストーリーに置いてキーパーソンとなる、ルイ14世の双子・ジョルジュを演じるなど、すでに頭角を表しています。

また『グランドホテル』新人公演では元月組トップスター・涼風真世(すずかぜまよ)さんが演じたオットー役を射止め大変話題となりました。

故・夏目雅子さんの姪として、宝塚音楽学校入学時から注目されていましたが、有名著名人の子女というだけでスターになれるほど甘くはない宝塚の世界。

風間柚乃さんが『カンパニー』新人公演の主演を射止めたのは、やはり舞台人としての素養と実力があってのことでしょう。

風間柚乃さんの新人公演主演は、同時に宝塚の舞台を踏んだ100期生では、星組『ベルリン、わが愛』新人公演で極美 慎(きわみ しん)さん、花組『ポーの一族』で聖乃あすか(せいのあすか)さんに続く100期生男役では3人目の主演となります。

↓↓楽屋入りの風間柚乃さん


(出典:https://twitter.com/




  この風間柚乃さんの主演が発表された時は「やっぱり!」「とうとう主演がきた!」 そんな声も多かったですね。 本当に期待度が高いです。

↓↓【関連記事】

美園 さくらが演じるヒロインは?

一方ヒロインを演じる美園さくら(みそのさくら)さん。

99期生で風間柚乃さんより1期先輩。

2013年になんと首席入団! 2014年には、スターへの登竜門の一つである阪急阪神の初詣ポスターモデルに起用され、「1789-バスティーユの恋人たち-」新人公演では研3で初ヒロインに抜擢された経歴の持ち主。

2016年、「FALSTAFF」(バウホール公演)でバウホールヒロインも経験すみです。 風間柚乃さんは初主演に当たって、頼もしい相手役さんと組むことになりましたね。

↓↓【関連記事】




輝生 かなでは2番手役!

美園さくらさんと同期の輝生 かなで(きお かなで)さんは、『All for One』新人公演と同じく、2番手スター・美弥るりか(みやるりか)さんの役です。

輝生 かなでさんも、それまでにも朝美絢(あさみじゅん)さん、暁千星(あかつきちせい)さん、2番手時代の珠城りょう(たまきりょう)さんという路線スターの役を演じている、これから期待星の一人です。

↓↓楽屋入りの輝生かなでさん

(出典:https://twitter.com/

若手スター・暁千星は?

月組では本公演でも大活躍中の暁千星(あかつきちせい)さんは、研究6で新人公演学年ですが、最近は主役は卒業?

「A-EN(エイエン) ARI VERSION」で宝塚バウホール初主演、最近では同じくバウホール公演「Arkadia-アルカディア-」で二度目の主演も務めていますから。

ではでは新人公演は、どんな役を演じるのかしら? 気になりますね。

今回は月組の次期月組副組長が決定している、ベテラン光月 るう(こうづきるう)さんの役、脇坂 英一です。

管理人・すみれ子は原作を読んでいないのでどういう役所かわかりませんが、光月るうさんは渋い演技で舞台を引き締めていますね。

そこから想像すると、ベテランだからできる難しい役かと思います。

新人公演には、新公学年のトップ娘役が脇役で出演することが度々ありました。

主演ができても「脇の芝居を学びなさい」という意味なのでしょう。

暁千星さんもそういう意味での渋い脇? 興味がありますね。




蘭世 惠翔も有名人子女!

月組といえば、前述の風間柚乃さんは夏目雅子さんの姪。

暁千星さんは元プロ野球選手の山内和宏氏の娘。

有名人子女が多いです。

そして蘭世 惠翔(らんぜけいと)さんも女優で実業家の君島十和子さんの娘。

音楽学校入学、そして宝塚歌劇団入団時から注目されていますね。

重ねて書いてしまいますが、有名著名人の子女というだけでスターになれるほど甘くはないですが、研2とはいえどう生徒さんとしてどういう成長をされるのかしら?

そんな風に気になります。

↓↓【関連記事】


【速報】「宝塚ニュース」では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年1月のまとめ
2017年12月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする