宙組新トップコンビ本拠地お披露目初日『天は赤い河』『シトラスの風』【速報】

広告 自由サイズ
     

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年3月のまとめ
2018年2月のまとめ

今日は新生宙組『天は赤い河のほとり』『シトラスの風』の初日でした。

あまり初日を観劇する機会のない、管理人・すみれ子ですが、初日を観劇しましたので、【速報】ニュースとして宙組初日についてお知らせしたいと思います。

新生宙組初日観劇で宙組のこれからがわかった?

まずは新トップコンビ真風涼帆(まかぜすずほ)さん&星風まどか(ほしかぜまどか)さん。

大劇場でのお披露目公演初日、おめでとうございます。

トップスターさんが変わると組の色が変わる

そう感じる時が多々ありますね。




例えば、宙組では前トップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんがトップになった時、舞台が明るく穏やかな空気に包まれているように感じました。

また月組では前トップ・龍真咲(りゅうまさき)さんから、珠城りょう(たまきりょう)さんがバトンを受け継いで、集団芝居が際立ったと思いました。

では、朝夏まなとさんの後任として、真風涼帆さんがトップになった時にどうなるのだろう?

星組出身の真風さん。

星組時代は色濃く熱いイメージがあったのですが、宙組で二番手スターとして朝夏まなとさんを支えた時代は、本当に朝夏さんの空気に包まれ支えているイメージだったけれど・・・。

初日の舞台を観劇するまでは、この組カラーがとても気になっていました。

・・・が、真風さん。

朝夏まなとさんが、温かな空気で包んで育てた宙組をそのまま継承したような、今度は真風さんが大きな懐で組子達を包み込み、組子ものびのびその中にいる

そんな印象が残った、宙組初日でした。

お披露目初日はホント?と思った初日

1月にプレお披露目公演として『WEST SIDE STORY』を経験済みの真風&星風コンビ。

とはいえ、本拠地・宝塚大劇場のトップお披露目公演の初日というのは、客席の雰囲気も何もかもが、プレお披露目公演とは違うだろう。

そんな風に想像するのですが、お芝居の『天は赤い河のほとり』、ショー『シトラスの風』、初日のご挨拶のどこを観ていても、ハラハラするような場面はなし。

特に最後の挨拶では感極まって涙が溢れたトップさんを何人も見たこともあります。(ほとんどが宝塚専門チャンネル、スカイステージの番組ですが)

なのに・・・

この人はずっと前からトップだった?

そう思わせるぐらいの余裕たっぷりの(そう見える)真風さん。

舞台人としての器の大きさを感じました。

そして星風まどかさんも、以前に新人公演や宝塚バウホールヒロインを演じたときより、「さすがにトップ娘役という肩書きを持つと違う」と感じさせる風格に近い物があり、可愛い娘役からの脱皮進行中?




二番手・芹香斗亜、三番手・愛月ひかる、若手スター

花組から組み替えして来られた芹香斗亜(せりかとあ)さん。

これからは宙組で二番手スターとして、真風涼帆さんを支える立場となりましたが、なんだか宙組に溶け込みすぎ?

ずっと宙組にいたかのように、違和感なく溶け込んでいらっしゃいます。

また、芹香斗亜さんの花組時代に管理人・すみれ子は「芹香斗亜を活かせてない」と思ったことがありましたが、組み替えで吹っ切れたとかそういう心境の変化はあったのかもしれませんが、輝きが増したように思います。




同期が二番手として宙組に来て、三番手を継続の愛月ひかる(あいづきひかる)さん。

『不滅の棘』でグンと成長した結果が、この大劇場公演で感じられました。

また、お芝居もショーも「この子誰だろう?」とわからない生徒さんがたくさん。

若手さんが起用されていて、新鮮さも多々ありました。

特に目を留めたのは、カイルの使用人・ティトの愛海ひかる(まなみひかる)さん。

主人を思う、少年を好演。

前作『神々の土地』でも、唸らせる演技力を見せた風馬 翔(ふうまかける)さんは、ティトの父親役ですが、良い味を出した演技でした。

澄輝 さやと(すみきさやと)さんの女役も綺麗ですよ。

推しの強い役柄なので、美形男役さんにはよく似合います。

フィナーレの気になる階段降り順

組内の格付けみたいな意味なのでしょう。

階段降りの順番も気になりますね。

星風まどか(エトワール)

天彩峰里・星条 海斗・遥羽 らら

瑠風 輝・和希そら・留依 蒔世

桜木みなと

愛月ひかる

芹香斗亜

真風涼帆




新生宙組についてのまとめ

『シトラスの風』の名場面の一つ「明日へのエナジー」。

何度見てもエネルギーの塊に心が揺さぶられるように思います。

初日の客席はこのままスタンディングになりそうなぐらいの鳴り止まぬ拍手でした。

私の憶測ですが、次の曲へ行くまでに指揮者さんが少し待ってくださったのでは?と思うぐらい。(気のせいかもしれませんが)

↓↓指揮者・ 西野淳さん




明日から、どんどん成長して行く宙組と今回の上演作品。

もう一度観劇する予定があるので、『天は赤い河のほとり』『シトラスの風』の詳しい感想は、また改めてお届けしたいと思います。

今日は宙組初日の様子を簡単にお届けしました。

そうそう・・・

今日は原作者の漫画家・篠原千絵さんもご観劇でした。

真風さんがご挨拶の中で篠原千絵さんがご観劇されていると述べ、真風さんに速されて、客席で立ち上がりご挨拶。

1階センターの2列目か、3列目ぐらいだったでしょうか?


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年3月のまとめ
2018年2月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする