月城かなと主演『THE LAST PARTY 』配役発表、初演の配役は?主演はトップスターになる?【速報】

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年4月のまとめ
2018年3月のまとめ

今日は月組、日本青年館・梅田芸術劇場公演『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald’s last day~』フィッツジェラルド最後の一日』の配役が、全て発表されました。

この記事ではその配役と過去の上演について綴ってまいります。

『THE LAST PARTY』の初演

『THE LAST PARTY』は2004年に

  • 宙組・大和悠河(やまとゆうが)さん
  • 月組・大空祐飛(おおぞらゆうひ)さん(当時)

主演で宝塚バウホールで2組連続で上演された作品です。

作品の持つ繊細さやドラマティック性にファンが惹かれ、作品としての評価も高く2006年に再び、上述のお二人によって再演。

その時は

これを宙組は2月に日本青年館、月組は3月に月組東京芸術劇場での上演となりました。

管理人・すみれ子が知る『THE LAST PARTY』は当時は月組のスターの一人だった、大空祐飛さん主演版。

まさに大人な雰囲気、立っているだけで大人の哀愁を背中に醸し出す大空祐飛さんが印象的でした。

この頃、大空さんはすでに研13ぐらい?

大和悠河さんが研10ぐらいだったでしょうか?

今年、研11となる月城かなとさんが、どこまで立っているだけでも大人な男を深く追求して行くのか・・・

大変楽しみな作品となりそうですね。




↓↓月組『THE LAST PARTY』の出演者達

(出典:https://twitter.com/

月城かなとの『THE LAST PARTY 』主演の意味するものは?

初演とそれに続く再演で主演した、大和悠河さん、大空祐飛さんは、後にどちらも宙組のトップスターに就任されます。

さて・・・

月城かなとさんも雪組から月組へ組替えして約1年。

今や月組では三番手スターとして確実に実力をつけつつあります。

雪組時代には新人公演主演をはじめ「銀二貫」でバウホール初主演

今作『THE LAST PARTY』ドラマシティ、日本青年館での公演ということで、月城かなとさんにとっては初の東上主演作

「凄すぎる95期生」の中では、すでに主演作で東上した同期もいる中、決して早すぎる訳ではありませんが、着実に一歩ずつステップアップしているように思えますね。

:・・・で将来、月城かなとさんがトップスターになる時がきたら、『THE LAST PARTY』に主演するとトップスターになるらしい、というような新たなジンクスが生まれるかもしれません。

まぁ、それは見えない先のことなので今はひとまず置いておきましょう。




ヒロインの海乃美月さんは・・・???

さてヒロインを務める、海乃美月うみの みつき)さんは・・・

月組トップ娘役である愛希れいか(まなきれいか)さんが退団発表をされて以降、いろいろ考えても、管理人・すみれ子の頭には・・・

次の月組トップ娘役は海乃美月さん

これしか浮かびません。

所詮、ファンの考えることなので、今までも幾度となく「あれれ?」な人事がありましたから、今回もただの妄想。

でも『THE LAST PARTY』のヒロイン、ゼルダ・フィッツジェラルド役に全てがかかっているのか?

そう感じるところもあります。

はてさて、私的な妄想に終わるかもしれませんが・・・。

『THE LAST PARTY』初演との配役比較

月城かなとさん主演と過去の上演時の配役を表にしてみました。

今回の再演では一部の役名が変わったのか、全て対比することはできませんでしたが、書き出してみると以下のようになります。

初演当時は研4だった現在は花組トップスターの明日海りお(あすみりお)さんのお名前があるのが、なんとも懐かしいですね。

明日海りおさんが演じた「公園の学生」役は、今回は注目の風間柚乃(かざまゆの)さん!

風間柚乃さんも頭角を表しつつある若手ですから、ここにも『THE LAST PARTY』で「公園の学生」を演じた人は・・・!なんてジンクスが誕生するやもしれません。

2004年宙組 2004年月組 2018年月組
スコット・フィッツジェラルド 大和悠河 大空祐飛 月城 かなと
ゼルダ・フィッツジェラルド 彩乃かなみ 紫城るい 海乃 美月
ヘミングウェイ 遼河はるひ 月船さらら 暁 千星
マックスウェル・パーキンズ 美郷真也 嘉月絵理 悠真 倫
シーラ・グレアム 五峰亜季 五峰亜季 憧花 ゆりの
医者[ゼルダの精神科医] 夏 大海 一色瑠加 響 れおな
Mr.Critic[堅物の文芸批評家] 颯希 有翔
エドゥアール・ジョザンヌ
[仏海軍航空士・ゼルダの浮気相手]
月丘七央 真野すがた 英 かおと
公園の学生[文学を志す大学生] 珠洲春希  明日海りお 風間 柚乃
Mr.Idiot[お調子者のジャーナリスト] 蘭 尚樹
読者 蘭世 惠翔
ローラ・ガスリー
[スコットの秘書]
美風舞良 青葉みちる 夏月 都
アイリーン
[パーキンズの秘書]
月城美咲 天野ほたる 清華 蘭
看護婦[ゼルダの看護婦]

Ms.Misunderstanding
[勘違い女のジャーナリスト]

桃歌 雪
ロイス・モーラン
[ハリウッドの若手美人女優]
鮎瀬美都 妃鳳こころ 夏風 季々
読者 天愛 るりあ
フランシス・スコット(スコッティ)
[スコットとゼルダの一人娘]
咲花 杏 涼城まりな 菜々野 あり
記者1
(フィッツジェラルド夫妻を取材する記者)
八雲美佳 綾月せり
女医
(ゼルダの入院する病院の医師)
大海亜呼 紫水梗華
パリのボーイ1 美牧冴京 彩央寿音

2004年と2006年の再演時は配役が一部異なります。(2006年分は掲載していません)




『THE LAST PARTY』についての速報まとめ

『THE LAST PARTY』の再演が決まり、懐かしい作品の再演とは思っていましたが、あまり深く考えてもいませんでした。

初演は初演。

その時々で演じる人が、自分なりの世界を作り上げて行けばいい。

それが舞台なのだと思います。

基本的にいつもそう考えています。

今日は、少しノスタルジックに過去の出演者と、今回上演の月城かなとさん率いる月組生達を対比してみたくなりました。

また・・・

今、若くてとても新鮮な月組!

チャピ(愛希れいか)退団後どんな風に変化して行くのだろう?

そんな想像も含めての記事となっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年4月のまとめ
2018年3月のまとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする