雪組『ファントム』主な配役&役替わり発表!役替わり公演って必要?【速報】

スポンサーリンク

宝塚にまつわる速報ニュースを配信中

宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年5月のまとめ
2018年6月のまとめ

次回雪組公演『ファントム』での主な配役と役替わりが発表になりました。

  • 宝塚大劇場・2018年11月9日(金)~12月14日(金)
  • 東京宝塚劇場・2019年1月2日(水)~2月10日(日)

主な配役は

  • ファントム = 望海風斗
  • クリスティーヌ = 真彩希帆

これらに加えて

  • ジェラルド・キャリエール
  • フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵
  • アラン・ショレ

以上が今日発表された役です。

↓↓【追加関連記事】『ファントム』その他の配役と新人公演主な配役

雪組『ファントム』配役決定&新公主演は2度目の綾凰華と野々花【動画追加】
宝塚にまつわる速報ニュースを配信中 宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。...

スポンサーリンク

『ファントム』2018年花組の役替り日程

【追記】2018/7/30

2018年花組公演の役替り公演・日程が発表されました。

配役 役替りA 役替りB
ファントム 望海 風斗
クリスティーヌ・ダーエ 真彩 希帆
ジェラルド・キャリエール 彩風 咲奈
フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵 彩凪 翔 朝美 絢
アラン・ショレ 朝美 絢 彩凪 翔

宝塚大劇場

役替わりA
・11月9日(金)~11月19日(月)
・11月30日(金)~12月6日(木)


役替わりB

・11月20日(火)~11月29日(木)
・12月7日(金)~12月14日(金)

東京宝塚劇場

役替わりB
2019年
・1月2日(水)~1月10日(木)
・1月18日(金)~1月29日(火)

役替わりA
2019年
・1月11日(金)~1月17日(木)
・1月30日(水)~2月10日(日)

宝塚大劇場、東京宝塚劇場共に、役替りA→役替りB→役替りA→役替りB

以上のパターンでの公演になるようです。

前半でAキャストで観劇して、Bキャストも観て、そうするとAキャストが進化しているかも?とまた観たくなったりして・・・。

リビ観劇推奨?

なんて思ってしまいます。

『ファントム』での主な配役と役替わり

では、ここからは宝塚で過去に上演された『ファントム』の主な配役と役替りを紹介していきます。

『ファントム』は宝塚での初演は2004年宙組。

その後、2006年と2011年に花組で再演されていますが、その時にも役替わりがありました。

この記事では過去の『ファントム』と次回雪組公演『ファントム』での役替わりについて、比較し、その意図を考えて行きます。

『ファントム』の主な配役

初演『ファントム』から、次回雪組での『ファントム』での役替わりを表にしてまとめて観ました。

2004年 2006年 2011年 2018年
ファントム 和央ようか 春野寿美礼 蘭寿とむ 望海風斗
クリスティーヌ 花總 まり 桜乃彩音 蘭乃はな 真彩希帆
ジェラルド・キャリエール 樹里 咲穂(専科) 彩吹真央 壮一帆 彩風咲奈
フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵 安蘭けい(星組) 真飛聖 愛音羽麗
朝夏まなと
彩凪翔
朝美絢
アラン・ショレ 鈴鹿照(専科) 夏美よう 愛音羽麗
華形ひかる
朝美絢
彩凪翔

の部分が役替わりがあった役。

スポンサーリンク

2004年の宙組『ファントム』

2004年の宙組『ファントム』では役替わりはありませんでした。

しかし・・・

いわゆる新専科時代に、専科スターだった樹里 咲穂(じゅりさきほ)さんが出演。

星組から特別出演の形で安蘭けい(あらんけい)さんという歌で定評のあったスターが出演。

この時の『ファントム』はビデオの映像でしか観ていませんが、おそらく歌えるスターの補強が当時の宙組には必要だったのでしょう。

また、アラン・ショレ役の専科生・鈴鹿 照(すずか てる)さんは、52期生というその当時ではベテラン中のベテランさん。

2011年版花組、2018年版の雪組の配役から想像すると、役の設定が初演当時は違っていたのかもしれません。

↓↓2004年宙組『ファントム』 主演の和央ようか

スポンサーリンク

宙組『ファントム』 花總まり

2006年の花組『ファントム』

この花組公演では役替わりもなく、専科生の出演もありませんでした。

しかし・・・

初演の宙組と同じく「アラン・ショレ役」を務めた夏美よう(なつみよう)さんは当時は花組生ながら、翌2012年には専科に組み替え。

ベテランの域にある生徒さんでした。

スポンサーリンク

2011年花組『ファントム』

2011年花組公演『ファントム』は蘭寿とむ(らんじゅとむ)さん、蘭乃はな(らんのはな)さんトップコンビのお披露目公演でした。

それを支えるのが、当時花組生で蘭寿とむさんの同期だった壮一帆(そうかずほ)さん。

この公演で『ファントム』では初めて「フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵」と「アラン・ショレ」の役替わり公演が行われています。

  • フィリップ・シャンドン伯爵 = オペラ座の有力なパトロン
  • アラン・ショレ = オペラ座の新支配人

しかも、これまでの公演では超ベテランの専科生を起用していた「アラン・ショレ」役を若手の路線スターが演じることになったのですから、若干戸惑いもあったことでしょう。

雪組公演『ファントム』での役替わりって?

次回雪組公演『ファントム』では2011年花組版同様の役替わりですね。

彩凪翔(あかなぎしょう)さん、朝美絢(あさみじゅん)さんという路線スターが演じるわけですから・・・。

このお二人の生徒さんの雪組でのポジション。

今はどうなっているのでしょうか?

現在公演中の『凱旋門』『Gato Bonito!!』のフィナーレの階段降りは下記の通り。

愛すみれ(エトワール)

綾凰華、縣千

永久輝せあ

朝美絢

彩凪翔

彩風咲奈

真彩希帆

望海風斗

望海風斗さんがトップスター、彩風咲奈(あやかぜ さきな)さんが二番手スターであることは、もう明確なこと。

そして三番手スターが彩凪翔さんなのでしょう。

ここで彩凪翔さんと朝美絢さんを競わせるのかなぁ?

なんだかそんな風な意図もみて取れますね。

いやいや、ファンが役替わりを喜ぶから役替わり公演するのだよ。

もしくは役替わりする生徒さんが技量を深めるためだよ。

そう言われるかもしれませんが。

スポンサーリンク

すみれ子的には「役替わり公演」はお稽古期間を考えると、生徒さんを大切にするならば集客のためだけならば、そんなことはして欲しくないと思っています。

一つの役に徹して役をもっと極めて欲しい。

作品自体の奥をもっと掘り下げて欲しいと願うから・・・。

もちろんお二人の生徒さんの違った魅力を楽しめる「役替わり公演」を楽しみだと考えるファンもいらっしゃることでしょう。

考え方は色々ですから。

雪組は望海風斗さんと真彩希帆さんが、歌えるトップコンビ、歌うまトップコンビと言われているだけに非常に期待される『ファントム』。

そして雪組は男役も娘役も層が厚く充実しています。

だから役替わり公演がなくとも十分に集客力のある、クオリティーの高い『ファントム』になるに違いない!

そう考えるのですが・・・。

やっぱり必要なのでしょうか? 役替わり公演って。

Aパターン、Bパターン共に気になるし・・・

困ったものです。

彩凪 翔・本名、年齢、成績は?イケメンに女役も美しくお茶会では関西弁?
彩凪 翔(あやなぎしょう)さんは宝塚雪組に所属する男役です。 吸い込まれるような目力と美しい容姿! 抜群のスタイルで多く...

95期首席入学の朝美絢の月組から雪組組み替え後の未来は?
梅田芸術劇場シアタードラマシティ公演『アーサー王伝説』でイケメンで格好いい円卓の騎士・ランスロット演じた朝美 絢(あさみじゅん)さん。 ...


宝塚ニュース【速報】では宝塚の情報をメインに 時々OGさんの話題も交えながら最新情報を更新中です。

2018年5月のまとめ
2018年6月のまとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. シルバー蝶 より:

    いつもタイムリーな情報、ありがとうございます。
    役代わりについての考え方ですが、すみれこさんに同感します。
    私は、役変わりはあまり好きではないです。生徒さん、忙しすぎますよね。
    ひとつの役を、じっくりきわめてほしいです。
    新公は、どちらの方が、教えるのでしょうね・・・。