宙組、実咲凜音大劇場卒業『王妃の館』『VIVA! FESTA!』千秋楽、さよならショー観劇

広告 自由サイズ
     

2017年3月6日、宝塚宙組トップ娘役・実咲凜音(みさきりおん)さんが宝塚大劇場を卒業する、『王妃の館』『VIVA! FESTA!』を観劇しました。

管理人・すみれ子がトップ男役さんやトップ娘役さんが卒業する日を観劇することは、ごく稀なのですが、ご縁あってみりおん(実咲)のラストを観ることができました。

その一日をまとめます。

実咲凜音の楽屋入り

実咲凜音さんはとてもおしゃれで、みりおんのファッションに憧れるファンはもちろん「あのヘアスタイルはどうなってるの?」といつも注目されていました。

大劇場最後の日は定番に「白」でのコーディネート

ショート丈のファージャケットが少しアイボリーがかっており、前につけた白いコサージュからパール風のネックレスまで、微妙に違う「白」を取り入れて、みりおんらしい装いでした。




↓↓【関連記事】




丁寧に編み込みで作ったアップヘアは実に凝っていますね。

実咲凜音さんは「音楽学校に入学するまでは三つ編みも自分ではできず、劇団に入ってからもとても不器用で編み込みなんかできなかった」と仰り、タカラジェンヌらしいヘアスタイルを作れるように随分練習をされたそうです。

とてもそんな風には思えませんが、特にお稽古中は役に似合う装い(ヘアスタイルも含む)を求められる宝塚。

工夫と努力を重ねてこられたのですね。

昨年11月に退団した、元・星組トップ娘役の妃海風(ひなみふう)さんはじめ、同期生のみなさんもお手伝いに来られていました。(ちらっと映ってますね)

お手伝い・・・

なにをするのかはファンには想像でしかありませんが、卒業の日は何かと忙しいので、本公演終了後のさよならショーに向けての準備、最後の後挨拶のために黒紋付に緑の袴への着替えなどを手伝われるようです。

↓↓2.『王妃の館』『VIVA! STA!』千秋楽の実咲凜音

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする