宝塚歌劇団のジンクス、首席入団者はトップになれない!を破ったのは誰?

広告 自由サイズ
     

宝塚歌劇団は、まず宝塚音楽学校の入学の時から常に成績がつきまとう世界であることは有名です。

音楽学校入学時からずっと残る席次を細かく書いていくと・・・・

1.宝塚音楽学校入学時
2.音楽学校予科(1年目)終了
3.本科(2年目)= 宝塚歌劇団入団時の 席次

そして、入団後も研究科1年目(研1)から研究科5年(研5)までは試験があり、研5の試験が最終試験の成績として、そのまま将来にわたってついて回ります。

今の世の中、こんなに成績が人生について回る所はありません。

そんな宝塚の世界で一つのジンクスがありました。

それは「宝塚歌劇団主席入団者は(男役)トップスターへなれない」

言い換えると音楽学校卒業時に主席であれば、劇団へ主席入団となるわけですが、そういう人がトップスターになれないと言われていました。TOP

でもそのジンクスを破ってトップスターになった人もいるので、必ずしも当てはまるわけではありませんが、そう言われているには理由があります。

1. 75期(1989年初舞台)〜102期(2016年初舞台) 首席入団者

   75期 伊織直加
   76期 純名里沙
 77期 安蘭けい
   78期 眉月凰
 79期 未来優希
   80期 霧矢大夢
   81期 舞風りら
   82期 蘭寿とむ
   83期 天勢いづる
   84期 仙堂花歩
   85期 美鳳あや
   86期 彩海早矢
   87期 瑠音舞佳
   88期 大凪真生
   89期 凪七瑠海
   90期 芽吹幸奈
   91期 天寿光希
   92期 百千糸
   93期 彩風咲奈
   94期 仙名彩世
   95期 礼真琴
   96期 夢華あみ
   97期 留依蒔世
   98期 暁千星
   99期 美園さくら
 100期 蘭尚樹
 101期 鷹翔千空
 102期 舞空瞳

◼︎トップ男役 ◼︎トップ娘役

↑Page TOPへ

2. ジンクスの理由

上記の表にはありませんが、1964年宝塚音楽学校を卒業し、50期生として首席入団した汀 夏 子(みぎわ なつこ)さん以降、長らく首席入団でトップスターになった首席入団者がいなかったために、「首席入団者はトップスターになれない」というジンクスが生まれたと想像されます。

b6rpp
(出典p.twipple.jp)

宝塚音楽学校を首席で卒業する= 宝塚歌劇団へ首席入学 はそこで一つの頂点を極めているわけですが、一歩抜きん出ているがために、伸び悩みがあったり、頭打ち状態になったり、本人もジレンマを感じモチベーションを継続しがたくなってしまうのかもしれません。

難関を突破して音楽学校へ入り精鋭達の中で首席になったとしても、タカラジェンヌといえど人ですから、しかもまだまだ若い女子なので、そんな壁にぶちあたるのかもしれません。

↑Page TOPへ

3. ジンクスを破った人

それは 安蘭 けい(あらん けい)さんでした。

1991年、第77期生として宝塚歌劇団に首席入団。当初から注目を浴び新人公演の主演やバウ主演を経験しながらもトップへの道がなかなか開けませんでした。

やはり「首席入団しゃはトップスターになれない」? と言われましたが、入団16年目にして星組トップスターに就任。

org_20090209000301
(出典:http://ticket-news.pia.jp/)

長く囁かれていたジンクスを破った人でした。

歌唱力に長け、日本初演の『スカーレット・ピンパーネル』の成功は安蘭けいの存在があったからこそと言われています。

↑Page TOPへ

4. それに続く人・・・

以降は・・・

80期の霧矢大夢(きりやひろむ)さん、82期の蘭寿とむ(らんじゅとむ)さんがその後に続いて首席で入団されました。

特に蘭寿とむさんは、1994年宝塚音楽学校入学試験は過去最高の入試倍率48.25倍の中、首席で入学して以降その座を譲らなかった逸材と言われました。

しかし・・・

霧矢大夢さんは病気休演があったり、決して順風満帆な宝塚人生ではなかったはずです。それを乗り越えてのトップ就任でした。

rsz_20101025001207
(出典:http://ticket-news.pia.jp/)

また、蘭寿とむさんも研16でのトップ就任と結果的には遅咲きの花となっています。

bnxurn9caaabs_i
(出典:http://tweez.net/)

逆に音楽学校時代の成績がさほど良くなくてもトップスターになる人もいますから、成績がすべてではないのが舞台の世界なのでしょう。

あの天海祐希さんは音楽学校入学では首席でしたが、宝塚歌劇団入団時は26番(73期)。真矢みきさんは入団時の成績は21番(67期生)

↑Page TOPへ

5. 娘役トップ

「首席入団がトップになれない」ジンクスは男役に限って囁かれていたのかもしれないですが、75期以降では娘役トップになった純名里沙(じゅんなりさ)さんは(76期)は1990年に初舞台の『ベルサイユのばら』抜群の歌唱力をかわれてフィナーレのエトワールに大抜擢されています。

以後も研2年で新人公演のヒロインに抜擢されたり注目の人でしたが、在団のままNHKの朝の連続テレビ小説にヒロインとして出演し、一般に向けて宝塚の認知度を上げ活躍されました。

untitled

(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/)

ジンクスが全く当てはまらない人といえますね。

舞風りら(まいかぜりら)さんも研2で新人公演に抜擢されて早くから活躍された人でした。
33397250

(出典:http://prcm.jp/)

↑Page TOPへ

6. 今後のトップスターは?

今後、首席入団者がトップスターになる可能性は? といえば、在団中の89期以降の生徒さんすべてにあるのですが、独断と偏見で候補を考えてみます。

89期 凪七 瑠海(なぎな るうみ)

月組から専科へ移動しましたが、今の専科の扱いから言えば北翔海莉さんのトップスターへの返り咲き就任のれいがあるので、まだ期待できるところです。

94期 仙名 彩世(せんな あやせ)

エトワールやバウホール、ドラマシティでのヒロイン経験もあり(新人公演ヒロイン経験はなし)ですでに研9ながら、もともと歌唱力に優れ、最近では芝居の力もメキメキついていることからトップ娘役を十分務められる資質はあります。

95期 礼 真琴(れい まこと)

時期星組、紅ゆずるさんのもとでの二番手確定らしき予想があるので(「スカーレットピンパーネル」のショーブラン役が発表済み)、これまでの新人公演主演、バウやドラマシティの主演も経験済みのことから、トップへの道はほぼ確定と言えるでしょう。

97期 留依蒔世(るいまきせ)

歌に定評があり、新人公演の主演はまだ未経験ですが、『エリザベート』でフランツ・ヨーゼフを演じている点で可能性大。

2015年『王家に捧ぐ歌』から怪我による休演が続いたことで最終試験である研5の試験で最下位に席次を落としたことが少し現状に響いている可能性はあります。

98期 暁千星(あかつきちせい)

下級生の頃から注目され、新人公演の主演の経験もありスター路線。トップの可能性は大きいです。

101期 鷹翔千空(たかと ちあき)

まだ研2ゆえに未知数ですが、2016年の阪急電鉄の初詣ポスターモデルに起用されたこと(このポスター起用はスター路線を意味するポイント)、『エリザベート -愛と死の輪舞 -』新人公演でルドルフを演じたことで、劇団オシのようです。まだ未知数。

↑Page TOPへ

過去には真琴つばささん、檀れいさんなど「成績は良くなかった」ことを告白している人もトップになっています。

そして現在のトップ男役さん達は・・・

  • 花組・明日海りおさん 49人中8番
  • 月組・珠城りょうさん 18番
  • 雪組・早霧せいなさん 19番
  • 星組・北翔海莉さん  音楽学校入学時は最下位、歌劇団入団時39人中10番
  • 次期星組トップ内定の紅ゆずるさん 成績は48人中47番
  • 宙組・朝夏まなとさん、48人中10番

最近劇団は、成績偏重主義になっていないかなぁ? と思っていましたが、意外にそうでもない人もトップへの道が十分にありそうです。また逆に首席入団しながらも、下級生時代に注目を浴びながらも何らかの理由で早くに退団する生徒さんも少なくないありません。

「宝塚歌劇団主席入団者は(男役)トップスターへなれない」ジンクス、必ずしも当たっているわけではないようですが、モチベーションを維持して走り続けることの難しさを物語っているようです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする