宝塚95期生はすごい!首席は?初舞台、人気、トップになるのは?

広告 自由サイズ
     

三番手確定の男役スター

すでに三番手男役スターとして活躍しているのが花組・柚香 光(ゆずかれい)さん。

そして、星組の礼 真琴(れいまこと)さんも現・星組体制では番手が曖昧に感じられますが、次期トップスター紅 ゆずる(くれない ゆずる)さんのもとでは、おそらく二番手確定でしょう。

柚香 光

↓↓柚香光さん
as20151009003702_comm
(出典:STAR FILE

  • 2014年『ラスト・タイクーン -ハリウッドの帝王、不滅の愛-』 *新人公演初主演
  • 2014年『ノクターン -遠い夏の日の記憶-』(バウ) *バウ初主演
  • 2014年『エリザベート -愛と死の輪舞-』*新人公演主演
  • 2015年『新源氏物語』*新人公演主演

管理人・すみれ子が「光る存在」を意識したのは2013年バウホール公演『フォーエバー・ガーシュイン 』のフレッド・アステアでした。当時ダンスも荒削りでしたが、スターオーラを感じる生徒さんだと思いました。

それから新人公演の主演を始め、本公演での活躍も目覚ましく、今や堂々たる三番手の風格も身についてきたように思います。




↓↓2016年『ME AND MY GIRL』

礼 真琴

↓↓礼真琴
ccjhe35uaaei-ak
(出典:https://twitter.com)




礼真琴さんも、いつか絶対に「トップになる逸材」と早くから噂される存在ですね。

柚希礼音(ゆずきれおん)体制が6年と非常に長かったために、ようやく三番手、二番手とのぼり始めましたが、本公演での活躍は早かったです。

  • 2013年『ロミオとジュリエット』*新人公演主演
  • 2014年『眠らない男 -ナポレオン・愛と栄光の涯に-』*新人公演主演
  • 2014年『風と共に去りぬ』(全国ツアー)スカーレット・オハラ *初ヒロイン
  • 2015年『黒豹の如く』*新人公演主演
  • 2016年『鈴蘭(ル・ミュゲ)—思い出の淵から見えるものは—』*バウ主演 

2012年『ダンサ セレナータ』の併演のショー『Celebrity』の中で、初めてソロで歌った時は歌のうまさに「誰が歌ってる?」とびっくりしたの時に、礼真琴さんの名前を知りました。

同年の『めぐり会いは再び2nd』ではもうストーリーの中心に位置していました。

やや童顔で可愛らしいこともあり、『風と共に去りぬ』のスカーレット、『ガイズ&ドールズ』 アデレイドなど女役もこなせるかと思えば、『桜華に舞え』では八木永輝という実に男らしい風格の浪人をも演じています。

紅ゆずるさんの後継者にもなりうる人ですね。

↓↓『こうもり』公演時のカフェブレイク




桜木みなと・月城 かなと・朝美絢

桜木みなと

↓↓桜木みなと
as20151007001877_comm
(出典:トレタメ

桜木 みなと(さくらぎ みなと)さんも新人公演の主演、バウホール主演を経て、躍進中です。

宙組では朝夏 まなと(あさか まなと)さん、真風  涼帆(まかぜ すずほ)さん、愛月 ひかる(あいづき ひかる)さんに継ぐ4番目の男役に立てそうですが、路線上級生スターもいますので、こればかりはわかりません。

丹精な二枚目、白が似合う伝統的な宝塚の男役っぽい雰囲気を持ち合わせた人なので、いずれトップも夢ではない存在ですね。




月城かなと & 朝美絢

月城 かなと(つきしろ かなと)さんと朝美 絢(あさみ じゅん)さんはお互いをトレードするような形での組み替えが決まっていて、それぞれの立ち位置が読めないなぁ・・・と一ファンとしてはやきもきしています。

↓↓月城かなと
as20151127002218_comm
(出典:STAR FILE

宝塚組み替え発表!朝美 絢、月城 かなと、有沙 瞳、真彩 希帆の異動から未来のスターを推測
↑↑の記事にも書いていますが・・・

月城かなとさんは今の雪組での活躍状況から判断して、月組組み替え後に三番手男役は十分可能性があるやもしれません。

雪組・月城かなとの月組組替え後
↓↓朝美絢
as20141016002675_comm
(出典:STAR FILE

朝美絢さんは雪組には路線男役の上級生が番手曖昧状態なので、明確に計れない状況です。


95期首席入学の朝美絢の月組から雪組組み替え後

↓↓4.過去にもあった「凄すぎる」期 / まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする