宙組・留依蒔世、新人公演主演決定!年齢は?本名は?成績は?を探る【加筆あり】

広告 自由サイズ
     

どの組でもグングンと頭角を現しつつある、2011年初舞台の97期生。

その中でも、首席入団で歌がうまく注目されていた宙組の留依 蒔世(るいまきせ)さん。

新人公演初主演が決まりました。

研3の試験では宙組内のトップでありながら、

2015年では怪我のため休演を余儀なくされ、

研5の試験が受けられたのか? 受けられなかったのかは定かでありませんが、成績を下位に落とし、

新人公演主演もできる実力を感じながらも、チャンスをつかめず、ハラハラと見守って今いたが、

今日、宙組公演『王妃の館』で新人公演主演が発表になり、

ついにチャンスの神様が訪れた!

と思いました。

↓↓留依 蒔世さん

(出典:https://twitter.com/

今日は留依 蒔世さんについて綴ります。




【記事加筆】2017/2/7

留依蒔世のプロフィール

留依 蒔世(るい まきせ)
宝塚音楽学校入学 2009年
宝塚歌劇入団 2011年
入団期 第97期生
入団時席次 首席/34人中
初舞台 星組『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』
出身地 兵庫県尼崎市
出身校 尼崎市立塚口中学校
身長 172㎝
生年月日 1993年6月23日
芸名の由来 家族で考えた
愛称 あずさ、あーちゃん(本名から)るいくん、まきせ(芸名から)
本名 深森梓

▪️宝塚初観劇は1998年宙組公演『エクスカリバー』『シトラスの風』

▪️受験するきっかけとなった作品は、2007年雪組公演『エリザベート』

憧れの上級生は、退団された元雪組トップスターの水夏希(みずなつき)さん、音月桂(おとづきけい)さん

と『宝塚GRAPH』の中で語っていたので、『エリザベート』でファンになられたのかもしれませんね。
留依 蒔世さんが、宝塚音楽学校の入学試験を受けた2009年は、

音楽学校の入学試験方式が変わった年度で

新試験方式によって入学したのが97期生です。

どう変更されたかというと・・・

入学試験の実技重視から、将来性を重視されるようになりました。

その試験方式によるかどうかはわかりませんが、

どんどんスター候補生が登場しつつある97期生の中で、首席で宝塚歌劇団へ入団したのが、

留依 蒔世さんです。

かっては「首席入団者はトップになれない」というジンクスまでありました、まだ研5ではそこまでは考えが及ばずとも、スター候補生の一人と言えるでしょう。

↓↓【関連記事】

↓↓2.留依蒔世の宝塚入団まで / 留依蒔世のプロフィール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする