実咲 凜音の卒業!朝夏まなととの宙組ゴールデンコンビ、まぁみりとは?

広告 自由サイズ
     

2017年4月30日をもって、宝塚歌劇団宙組トップ娘役・実咲 凜音(みさきりおん)さんは、宝塚歌劇団を卒業しました。

ご卒業おめでとうございます!

そして2012年7月から約5年、トップ娘役としての活躍、おつかれさまでした。


(出典:https://ameblo.jp/

東京公演の千秋楽、そして実咲凛音サヨナラショーを、映画館のライブ中継を観ていて、みりおん(実咲)がいかに相手役の朝夏まなと(あさかまなと)さんを尊敬し、信頼していたか、逆にまぁ様も彼女を「同志」と呼ぶほど全幅の信頼をもっている相手役だったかを、今更ながら深く知りました。

同時退団とはなりませんでしたが、宙組ゴールコンビといえる「まぁみり」について、つづってまいります。




朝夏まなとと実咲凛音の出会い

朝夏まなとさんは

2000年 宝塚音楽学入学
2002年 宝塚歌劇団入団、88期
その後、花組へ配属
2012年 宙組へ組替え
2015年2月 宙組トップスターへ就任

実咲凛音さんは

2007年 宝塚音楽学校入学
2009年 宝塚歌劇団入団、95期
その後、花組へ配属
20012年 宙組へ組替え
凰稀かなめ(おうきかなめ)の相手役として宙組トップ娘役就任
2015年2月 凰稀かなめ退団後、引き続き朝夏まなとの相手役

二人の略歴から実咲凛音さんが宝塚歌劇団に入団した2009年に、当時、朝夏まなとさんが在籍していた花組で出会ったことがわかります。

そして宙組への組替えも同時期の2012年。

みりおん(実咲)は研1でまぁ様(朝夏)に出会い、退団までずっと同じ組ですごしました。




朝夏まなと主演作と実咲凛音初ヒロイン

朝夏まなとさんは、みりおん(実咲)が花組配属となった2009年には、

すでに、

マラケシュ・紅の墓標』で新人公演初主演

バウ・ワークショップ『蒼いくちづけ−ドラキュラ伯爵の恋−主演

と若いスターとして注目されていました。

一方のみりおんも

入団時から期待される娘役で、2010年、研2で早くも「麗しのサブリナ新人公演で初ヒロインに抜擢されます。

そして・・・

2010年11月 – 12月、まぁ様(朝夏)のバウホール、そして日本青年館公演では初主演となった『コード・ヒーロー』で、相手役を務めたのがみりおんでした。


(出典;http://zuka-fan.blog.so-net.ne.jp/

まぁ様自身もまだ若く、そしてみりおんにとって青年館だけでなくバウホールも初ヒロイン。

この頃、舞台を作り上げるために懸命だった二人が、後に宙組のゴールデンコンビ「まぁみり」になるとは誰も予想していないことだったでしょう。

↓↓2. 朝夏まなとと実咲凜音の宙組時代 / トップ娘役としての充実期
実咲凜音にとっての朝夏まなと / 朝夏まなとにとっての実咲凜音

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする