真風涼帆・宙組トップ発表は何時?本名、年齢、成績と舞台での活躍を探る

広告 自由サイズ
     

星組から宙組へ組み替えになり、2年を経た真風涼帆(まかぜすずほ)さん。

現・宙組トップスター朝夏まなと(あさかまなと)さんが退団発表されて以降、現在の宙組二番手のポジションから順当にトップスターへ就任するはず!

ファンの間ではそう囁かれています。 次作、宙組公演『神々の大地』のポスターからも、それが伺われますね。

今日は真風涼帆さんのこれまでの活躍を掘り下げて行きます。




真風涼帆のプロフィール

真風涼帆(まかぜすずほ)
宝塚音楽学校入学 2004年 
宝塚歌劇入団 2006年 
入団期 92期生 
入団時席次 15/48人中 
初舞台 宙組『NEVER SAY GOODBYE 
出身地 熊本県菊池郡 
出身校 県立大津高等学校 
身長 175cm 
生年月日 1986年7月18日 
血液型 B型 
芸名の由来 田舎出身ににちなんで「風」。家族で相談して決めた。 
愛称 ゆりか、すずほ 
本名 松谷諭里華(まつたにゆりか) 

真風涼帆さんの受験時、高校の修了学年が分かりませんが、中学3年生の時に初感激した全国ツアーが2001年『大海賊』『ジャズマニア』であることから生まれ年を推定しました。

↓↓下級生時代の真風涼帆さん

(出典:大津高校サイト




出身高校である熊本県立大津高等学校の公式サイトには、真風さんの記事が掲載されています。

熊本という地方からジェンヌさんが誕生するのは、都市部に比べると少ないことなので、今でも在学生の憧れなのかもしれませんね。

真風涼帆さんと宝塚の出会いは、中学3年の時。

月組・全国ツアー公演『大海賊』『ジャズマニア』の観劇でした。

おそらく2001年、紫吹淳(しぶきじゅん)さんトップ時代の月組公演(2001年11月16日・11月17日熊本市民会館)だと想像されます。

そして本来ならば昨年の宙組全国ツアー公演では、朝夏まなとさんの佐賀凱旋公演と同様に、真風涼帆さんも熊本で凱旋公園が予定されていました。

しかしその会場が熊本の地震による被害で使用できなくなって「幻の凱旋公演」となってしまいました。

地震が起きた当時は真風さんは自身の主演公演『ヴァンパイア・サクセション』の稽古中で、実家を心配する真風さんのインタビュー記事も新聞に掲載されていました。

熊本県菊池郡出身の宝塚歌劇団宙(そら)組男役スター、真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんは、同県で震度7を観測した地震から一夜明けた15日、兵庫県宝塚市の同劇団で取材に応じ、故郷で暮らす両親や祖母の無事を確認したことを明かした。

(出典:産経west2016.4.15

いつか本当の凱旋公演が実現すること・・・

祈っています。

↓↓【関連記事】

そんな真風涼帆さん!

宝塚受験のために東京の音楽教室にも通っていたみたいですね。




たくさんの生徒さんを送り出している教室ですが、遠距離をとても大変だったことでしょうね。

↓↓2. 真風涼帆の略歴<星組時代> / 真風涼帆の略歴<宙組時代>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    真風さんは3回目の受験で合格したそうです。アルバイトの経験もあるそうです。『オシエテ』でそう言ってましたよ。

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      コメントをありがとうございました。

      3回目なのですね、ということは2年終了ですね。
      そういえば「パン屋さんでアルバイト」って聞いた記憶があったのですが、間違いだったらどうしようと思いました。

      色々ありがとうございます。