星風まどか、宙組トップ娘役の本名、年齢、成績は?

広告 自由サイズ
     

100期生というだけでも注目された入団期。

その中で席次3番入団という輝かしい実力を持った、星風まどか(ほしかぜまどか)さんは、初舞台後の組廻りの時から、娘役らしい愛らしさや実力で注目された生徒さんでした。

宙組へ組配属後は、早々に新人公演でも抜擢され、実咲凜音(みさきりおん)さん退団後のトップ娘役候補と言われながら、速攻トップ娘役への道を辿らずハラハラもしました。

しかし、2017年11月20日付でトップスターに就任した真風涼帆(まかぜすずほ)さんの相手役として無事にトップ娘役に就任が決定!

この記事では宙組新トップ娘役となった、星風まどかさんのプロフィールと舞台略歴などをまとめて紹介していきます。

↓↓トップスター真風涼帆さんと星風まどかさん

(出典:https://twitter.com/




星風まどかのプロフィール

星風まどか(ほしかぜまどか)
宝塚音楽学校入学 2012年4月
宝塚歌劇入団 2014年3月
入団期 100期
入団時席次 3番/39人中
初舞台 月組公演「宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA 花詩集100!!」
出身地 東京都国分寺市
出身校 国立音楽大学附属中学校
身長 162cm
誕生日 1996年11月11日
血液型 A型
芸名の由来 宝塚音楽学校時代の恩師に「「円」」の1文字をもらいつけた。
愛称 まどか
本名 志澤かなめ

小学時代からバレエを習い、念願かない、節目100期生として合格。

(出典:日刊スポーツ2015年7月2日




物心付く前から、母親と一緒に宝塚を観劇していたという星風まどかさん。

小学校2年生からバレエを習っていました。

そのまま母親と共に宝塚ファンでしたが、2008年月組公演「ME AND MY GIRL」を宝塚大劇場で観劇して、ラインダンスを観た瞬間に「自分もこの舞台に立ちたい」と受験を決意したそうです。

↓↓100期生の宝塚音楽学校入学式

↓↓2.星風まどかの舞台略歴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする