星風まどか、宙組トップ娘役の本名、年齢、成績は?

広告 自由サイズ
     

星風まどかのこれから

さて初舞台以降、順風満帆な道を歩んできたかのような星風まどかさん。

でもすんなりとトップ娘役を射止めることができた訳ではありません。

2016年4月に宙組前トップ娘役の実咲凜音(みさきりおん)さんが退団後、しばらくの間、宙組は特定のトップ娘役をおかず、まさかの「トップ娘役不在」期間があったことがそれを示しているでしょう。

もちろんトップスター・朝夏まなと(あさかまなと)さんが、実咲凜音さんの退団後、約半年で退団が決まっていたことも「トップ娘役不在」の理由の一つだったかもしれません。

しかし・・・

実咲凜音さん退団当時に、まだ星風まどかさんにトップ娘役になるには未熟な点があったと考えることもできました。

歌えて、芝居ができて、新人公演や外箱(宝塚バウホール、梅田芸術劇場シアタードラマシティなど)でヒロインができたとしても、それだではトップ娘役として通常公演の舞台に立つことは難しいものです。

そんな点も杞憂された可能性は否めないですね。

↓↓【関連記事】

朝夏まなとさんの後任として、「宙組次期トップスターは真風涼帆さん」という発表と同時に「相手役、星風まどかさん」の発表があるその瞬間まで、まどかちゃん(星風)にトップ娘役の座がまわってくるかどうか、ハラハラとしたものでした。

でも結果的には、朝夏まなとさん退団公演『神々の土地』ではダブルヒロインという形で、退団した伶美うらら(れいみうらら)さんと共にヒロインを務め、未来のトップ娘役という発表がありました。




↓↓『神々の土地』『クラシカル ビジュー』で初エトワールの星風まどかさん

(出典:https://twitter.com/

まだ成長過程・・・

良い意味で伸びしろの大きさは、十分すぎるぐらいある星風まどかさん。

トップ娘役としてのスタートラインに立ったばかりです。

たくさんの人生経験を積んで、可愛らしい、あどけない存在の娘役に終わらずに「大人の色気を感じさせる」女役も演じられるトップ娘役への成長して言って欲しいと願っています。

相手役となる真風涼帆さんが、下級生だった星組時代、そして宙組へ組替え後は二番手スターとして、朝夏まなとさんの下で経験を積んできたトップさんです。

その懐に飛び込んで、真風さんと共に大きく花開くまで見守っていたいものです。




まとめ

星風まどかさんの舞台は、100期生として初舞台を踏み、組廻り時代の宙組出演から、組配属後の出演作までずっと観ています。

それだけにこの可愛らしい娘役さんはどんな風に成長して行くのだろう?

そう思いながら見守ってきました。

研4でのトップ娘役就任は決して早すぎる訳ではありません。

過去には研2でトップ娘役になった黒木瞳(くろきひとみ)さんの例もあります。

でも「そんなに焦ってトップ娘役にしなくてもいいのにな」とわずかながらに思っています。

そう・・・それは、まどかちゃん(星風)がPTA的に気になるからでしょうね。

きっと宙組の組子のみなさん、そして相手役である真風涼帆さんも支えてくれることでしょう。

来年、組が発足して20周年を迎える宙組で、真風さんと共に大きく羽ばたいて、さらに娘役として成長して行く様子をじっと見守っていきたいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする