瑠風 輝・本名、年齢、成績、新公主演3回の98期若手スターのこれからは?

スポンサーリンク

宙組で今や主要男役のひとりとなった瑠風 輝(るかぜ ひかる)さん。

宙組の男役として相応しい長身に、のびやかで安定した歌声を持つ若手スターです。

現在、宝塚大劇場にて公演中の『天(そら)は赤い河のほとり』では真風涼帆(まかぜ すずほ)さん演じるカイルの部下、シュバスを演じています。

そして、先日行われた新人公演ではカイルと敵対するナキア皇太后の側近、ウルヒを演じ、抑えた演技力で作品を引き締めました。

瑠風輝さんは98期生。

新人公演主演またはヒロイン経験のある同期生には、

  • 暁 千星(あかつき ちせい)さん(月組男役)
  • 天華えま(あまはな えま)さん(星組男役)
  • 綾 凰華(あや おうか)さん(雪組男役)
  • 遥羽らら(はるは らら)さん(宙組娘役)
  • 飛龍つかさ(ひりゅう つかさ)さん(花組男役)
  • 真彩希帆(まあや きほ)さん(雪組娘役トップ)
  • 星南のぞみ(せいな のぞみ)さん(雪組娘役)
  • 有沙 瞳(ありさ ひとみ)さん(星組娘役)

がいらっしゃいます。

既に真彩希帆さんというトップさんも輩出していますし、トップ娘役に王手をかけている生徒さんもいます。

95期に続いて大豊作と言われている98期生。

今年度でいよいよ新人公演最後となり、今後が非常に楽しみな瑠風輝さんについて詳しくお伝えしていきます!

↓↓【関連記事】




瑠風 輝さんのプロフィール

宝塚音楽学校入学 2010年4月
宝塚歌劇入団 2012年3月
入団期 98期生
入団時席次 5番/40人中
初舞台  宙組『華やかなりし日々/クライマックス-Cry‐Max-』
出身地  東京都調布市
出身校  佼成学園女子高等学校
身長  174cm
誕生日 1993年1月26日
芸名の由来  宝塚との出会いを作ってもらった方々の助言と「輝き続ける」という誓い
血液型
愛称  もえこ
家族  母(宝塚ファン)、姉
本名  鈴木萌子




お母様が宝塚ファンということで、将来に備えてということだったのでしょうか、幼少期からクラシックバレエを習っていたそうです。

そして2006年花組「ファントム」観劇時についに宝塚受験を決意します。

そこから受験スクールに通いますが、2度の不合格を経験。

今や宙組の若手スター筆頭である瑠風輝さんも、決して順調なスタートではなかったのですね。

こちらは100期生となる生徒の音楽学校生募集ポスター。

このとき本科生であった瑠風輝さんは、身長が高いため最後列の左から2番目にいらっしゃいます。




↓↓こちらは卒業式の様子です。

首席である暁 千星さんを先頭に入場、瑠風輝さんや遥羽ららさんも最前列にいらっしゃるのが見えます。

このときからまだ6年しか経っていないので、皆さん今とあまり変わらないお顔つきですね。

↓↓2. 瑠風輝の舞台略歴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする