宙組・和希そらの年齢、本名、素顔の魅力に迫る

広告 自由サイズ
     

今日発売の雑誌プラスアクト2月号

宙組の和希そら(かずきそら)さんが登場しています。

気がつけばすでに研7でラストの新人公演も終えているのですね。

もうすぐ研8といえば中堅と言える学年になったのだなぁ、と思います。。

先般の宝塚バウホール、KAAT神奈川芸術劇場公演『双頭の鷲』のストーリーテラー役が

好演だったことも記憶に新しいところ。

今は次回、宝塚大劇場公演に向けてお稽古中ですね。

そんな和希そらさんのプロフィールや舞台の略歴を綴ってみたいと思います。


(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/

↓↓プラスアクト2月号




和希そらのプロフィール

和希そら(かずきそら)
宝塚音楽学校入学 2008年
宝塚歌劇入団 2010年
入団期 96期
入団時席次 2番/38人中
初舞台 月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』
出身地 岡山県岡山市
出身校 岡山市立旭東中学校
身長 168cm
生年月日 1992年10月5日
血液型 B型
芸名の由来 尊敬する恩師から一字もらい、家族と考えた
愛称 そら
本名 西崎詩織

↓↓『バンパイア・サクセション』出演時の和希そらさん

(出典:http://ameblo.jp/




■「幼稚園の頃からジャズダンスを習っていて、中学生になっても毎日レッスンに通っていた」と『宝塚GRAPH』の中で語っていました。

■出身地が同じ、元雪組・76期生の天希かおり(あまき かおり)さんが、郷里で開講したダンス教室に通うようになり、初めて宝塚を知ったのだそうです。

■初観劇は2005年8月、朝海ひかる(あさみひかる)さんトップ時代の雪組・宝塚大劇場公演『霧のミラノ/ワンダーランド』。

■その観劇で舞台に衝撃を受けて、宝塚受験を決意。

■そして中学卒業と同時に受験して、1度で合格しました。

和希そらの音楽学校時代と初舞台

↓↓96期生入学式

(出典:http://ameblo.jp/

↑和希そらさん、わかりますか?

よく見ると・・・

見つかります!




↓↓本科生時代のすみれ売りの和希そらさん

(出典:http://ameblo.jp/

↑こちらも少しふっくらとしたイメージですが、

そら君(和希)ですね。

和希そらさんは96期生で2番(男役としては1番)という優秀な成績で、

2010年音楽学校を卒業して宝塚歌劇団に入団します。

初舞台は月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』。

この公演は96期生の初舞台公演であると共に、

月組トップスター・霧矢大夢(きりやひろむ)さんとトップ娘役・蒼乃夕妃(あおのゆき)さんのトップお披露目公演でもありました。

↓↓2. 和希ソラの舞台歴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする