花乃まりあ 宝塚退団公演・大劇場卒業の日と花組の愛

広告 自由サイズ
     

昨日は花組トップ娘役・花乃まりあ(かのまりあ)さんの本拠地・宝塚大劇場での最後の公演でした。

花乃さんは最後の挨拶の中で・・・

「きっと雨が降るだろうなと、幼い頃から雨女の私は思っていました。10年前、音楽学校に入学した日も雨でした」と笑わせた。宝塚人生を「たくさんの雨が降りました。土砂降り続きで、前が見えなかったことも」と振り返ったが「目の前に温かく美しく広がる“雨上がりの景色”を与えてくださった。恵みの雨に感謝します」

(出典:スポーツ報知 12/13

と述べらそうです。

本当に1日中雨で、楽屋入りも出も雨・・・

見送るファンの皆さんは大変だったことでしょう。

でも・・・

かのちゃん(花乃)は素敵な「最後のご挨拶」をされましたね。

おそらく大変苦労のあるトップ娘時代だったのでしょうが、どんな雨の中でも「美しく広がる“雨上がりの景色”」がその先にあると信じて、これまで娘役としての努力を重ねてきたのでしょう。

大劇場卒業という一つの節目で

挨拶の中にやり遂げた清々しい思いが感じ取れます。




花乃まりあ・大劇場卒業の日 楽屋入り

楽屋入り・・・退団者の定番カラー、白でまとめたスタイルもかのちゃんらしく、とてもファッションセンスがきいてますね。また、かのちゃんだからこそ似合う!

↓↓楽屋入りの花乃まりあ
161214a
(出典:https://twitter.com/

↓↓ファンから「かのちゃんを送る言葉」を聞く、花乃ありあ
161214b
(出典:https://twitter.com/




↓↓花乃まりあを見送るファン達

↓↓2. 花乃まりあのサヨナラショー / 楽屋出 / 花乃まりあ関連ニュース

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする