飛龍 つかさ、花組新人公演初主演!本名、成績、年齢は?

広告 自由サイズ
     

花組公演『邪馬台国の風』新人公演で初主演を射止めた飛龍 つかさ(ひりゅうつかさ)さん。

最近、どんどん頭角を現している98期生の一人です。

月組の暁 千星(あかつき ちせい)さんは新人公演の主演のみならず、バウワークショップ公演でも主演経験済み。

星組の天華 えま(あまはな えま)さんは2度の新人公演主演、宙組の瑠風 輝(るかぜ ひかる)さんも昨年新人公演主演。

娘役さんも真彩 希帆(まあや きほ)さんが次期雪組トップ娘役に決定しており、星南 のぞみ(せいな のぞみ)さん、有沙 瞳(ありさ ひとみ)さん、遥羽 らら(はるは らら)さん、紫乃 小雪(ゆかりの こゆき)さん等、どんどんと活躍する生徒さんが目に止まっている98期の一人が飛龍 つかさ(ひりゅうつかさ)さんです。

↓↓飛龍つかささん

(出典:http://tweez.net/




新人公演主演を射止めて脚光を浴びている飛龍 つかさ(ひりゅうつかさ)さんについて、探って行きます。

飛龍 つかさのプロフィール

飛龍つかさ(ひりゅう つかさ)
宝塚音楽学校入学 2010年
宝塚歌劇入団 2012年
入団期 98期生
入団時席次 10番/40人中
初舞台 宙組『華やかなりし日々/クライマックス-Cry-Max-』
出身地 東京都江東区
出身校 麹町学園女子高校
身長 171cm
誕生日 10月11日
芸名の由来  「龍のように飛ぶ」の意味、名付けたのは家族
愛称  ヤッシャ(役名から)、つかさ、つかさっち(芸名から)
本名  渡辺舞花

飛龍つかささんは高校卒業なのか1年修了、2年修了いずれかがわかりません。そのため生まれとしは1991年〜1993年生まれと推測されます。

↓↓2. 飛龍つかさの略歴 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする