城妃 美伶の本名、年齢、成績は? 新人公演5度目ヒロイン快挙の娘役に迫る

広告 自由サイズ
     

城妃美伶の素顔

↓↓楽屋入りの城妃美伶さん

その時々でヘアスタイルもファッションもいろいろですが、やはり娘役としての華を感じる城妃美伶さん。

特にきっちりアップスタイルにされている時は、大人っぽさが出て素敵です。

多分、「きっちりアップスタイル」はお稽古中でしょう。

なぜならお稽古中の生徒さんは、稽古を見てくださる先生への敬意を払う意味と、役に近づくためと、その両方を意識して絶対にお化粧をして、ヘアスタイルもバッチリ決めているからです。

逆に公演中はすぐに楽屋で舞台化粧をするからノーメイク・・・という場合が多いようです。




↓↓花組公演『Santé!!』振付講座の城妃美伶

上級生の水美舞斗(みなみまいと)さんとの並びもなかなかキレイ!

桜咲 彩花(おうさき あやか)さんは「可愛い!」という感じですが、同じ娘役でも城妃美伶さんは「大人っぽさ」が前面に出ていますね。

城妃美伶のこれから

この記事の中で何度も・・・

城妃美伶さんは「エキゾチック」「大人っぽい」と書いてきましたが、娘役さんもそれぞれに持ち味が違います。

歌、芝居、ダンスのテクニックが必要なのはもちろんのことですが、もともとの持ち味を伸ばしていける環境があり、それを活かせる作品と出会う「運」というものもあるでしょう。

研7の新人公演ラストイヤーで、5度目のヒロインを射止めた

それには、その「持ち味を活かせる」何かがあるからではないだろうか?

管理人・すみれ子はそう考えました。

城妃美伶さんは、本公演でもすでに重要な役を得、その実力もあります。

一ファンである管理人・すみれ子でも相当に期待してしまう、5度目の新人公演ヒロインですから、ファンのみならず劇団関係者の期待も大きいはずです。

そして「初めて」よりは経験を重ねるほど、客席も「できて当たり前」と見てしまいがちです。

そういうプレッシャーを一番感じ取っているのは、城妃美伶さんご本人。

それを乗り越えた先には、いつか「トップ娘役」の冠をかぶる日が来るのかもしれません。




まとめ

最近は娘役さんがトップ娘になる学年が非常に若いです。

研3や、研4。しかも中学卒業後にそのまま宝塚音楽学校に入学した生徒さんなら、実年齢は二十歳にも達していない・・・。

まだ余裕がないままにトップ娘役になって、必死にもがいているように見えたトップ娘役さんも過去にはいらっしゃいました。

だから私的には精神的にも充実するまで丁寧に育ててあげてほしい、と願ってもいました。

そこへ・・・

城妃美伶さんが在籍する花組には、研9でトップ娘役に就任するという快挙(?)を成し遂げた仙名彩世さんがトップ娘に就任し、トップスター明日海りお(あすみりお)さんと共に安定した舞台を作り上げています。

その例に習うわけではありませんが、城妃美伶さんも「もう研7」なのではなく「まだ研7」と思い、これから大きな花を開花させる日を楽しみに舞台の城妃美伶さんを見守っていきたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. シルバー蝶 より:

    いつも楽しみに拝見しています。
    私も、トップさんへの早い抜擢に反対派です。じっくり育ててほしいです。
    また、トップになると、卒業へのカウントダウンが始まるともいえるので、好きなスターさんは、現役で長く応援したいですものね。