花組明日海りお&仙名彩世 新トップコンビの邪馬台国の風を探る

広告 自由サイズ
     

昨日、宝塚大劇場、東京宝塚劇場での花組新トップコンビ、明日海 りお(あすみりお)さんと仙名 彩世(せんなあやせ)さんのお披露目作品が発表されました。

  • 古代ロマン 『邪馬台国の風』  作・演出/中村 暁
  • レビュー・ファンタスティーク 『Santé!!』~最高級ワインをあなたに~ 作・演出/藤井 大介

既に発表済みのプレお披露目になる『仮面のロマネスク』は再演物ですし、先だっても花組全国ツアー公演で上演されていますから、みりおさん(明日海)&ゆきちゃん(仙名)の並びも想像できます。

いや、メルトゥイユ侯爵夫人を芝居達者なゆきちゃんで観たいと思っていたので、コンビ並びは脳内にしっかり出来上がっています。

でも・・・古代ロマン、背景は邪馬台国の時代となると、まだピンときていません。

宝塚の邪馬台国時代の作品って?

MAHOROBA

そういう邪馬台国が時代背景の作品があったかしら? と思った時にすぐに頭に浮かんだのは、2007年月組のスピリチュアル・シンフォニー『MAHOROBA』-遥か彼方YAMATO-でした。

これはショーでしたが・・・

img7fc71ac3zik1zj
(出典:http://plaza.rakuten.co.jp/)

img_1
(出典:http://blogs.yahoo.co.jp/)

衣装や髪型はこんなイメージかな?と想像できます。

瀬奈じゅんさんトップ、霧矢大夢さんが二番手の時代です。




スサノオ

『スサノオ』という作品もありましたね。

img_0-1

2004年の雪組公演。当時の朝海ひかるさんトップの時代です。

そして90期生の初舞台公演でした。元・雪組トップ娘役愛原実花さん、元月組トップ娘役蒼乃夕妃さん、現役では花組・瀬戸かずやさんの初舞台公演です。
過去の邪馬台国の頃の時代の画像から想像すると小顔で端整なみりおさんにも、少し面長なゆきちゃんにも似合いそうなヘアスタイルです。絶対に白い衣装はあるんでしょうね。

どこか永遠に変わらぬ少年っぽさが残るみりおさん、そして今まで大人な女性を演じてきたからこそできる、少女の中に落ち着きのあるゆきちゃんという並びになって欲しいと思います。

まだずいぶん先のことで雨が、ポスター画像が出るのも楽しみになってきました。

↓↓ 『邪馬台国の風』『Santé!!』について

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする