蓮つかさの本名、成績、年齢は?『All for One』新人公演主演の若手を魅力

広告 自由サイズ
     

新人公演ラストイヤーで『All for One』の新公主演を射止めた、蓮つかさ(れんつかさ)さん。

それを知った時には・・・

「期待に応えられるかと…。うれしい気持ちと同時に責任感や不安で、最初は混乱しました」

(出典:産経west2017.7.27

と正直に語ったそうです。

蓮つかささんと同じ97期生には

  • 永久輝 せあ(とわき せあ)
  • 留依 蒔世(るい まき)
  • 春妃 うらら(はるひ うららせ)
  • 海乃 美月(うみの みつき)
  • 城妃 美伶(しろき みれい)
  • 綺城 ひか理(あやき ひかり)

といった新人公演主演、ヒロイン経験者が多数います。

同期生は仲が良くとも良きライバルと言われる宝塚ですから、蓮つかささんも上述の発言はあったものの、さぞ嬉しかったことでしょう。

ラストイヤー、最上級生だからこそ、そのキャリアをいかした舞台が期待されますね。

この記事では、そんな蓮つかささんについて語っていきます。




蓮つかさのプロフィール

 蓮つかさ(れんつかさ)
宝塚音楽学校入学 2009年4月
宝塚歌劇入団 2011年3月
入団期 97期生
入団時席次 8/34人中
初舞台 星組公演『ノバ・ボサ・ノバ』『めぐり会いは再び』
出身地 宮城県大崎市
出身校 宮城県古川高等学校
身長 171cm
生年月日 1990年10月25日
芸名の由来 周囲の知恵を借り、家族で考えた
愛称 れんこん この このちゃん
本名 新山好美

蓮つかささんは高校2年終了で初受験。2度目の受験で合格していることから、高校卒業時に音楽学校合格、1990年生まれと推測しました。

蓮つかさの幼少時代から音楽学校

蓮つかささんは幼い頃からバレエを習ってましたが、「人と違うことがしたい」と想い、小学校3年から高校時代まで市民ミュージカルに参加していたそうです。

そして・・・

高校2年のとき、“運命の扉”が開く。「仙台七夕」で演目を披露する際、身長が170センチ近くあった蓮は「先生から、(出演者の)男性が足りないから、男装して出てと言われました」。

(出典:産経west2017.7.27




そして男役を演じたことが、宝塚音楽学校を目指すきっかけになりました。

2度目の受験で高校卒業と同時に宝塚音楽学校へ入学。

無事に2年間の音楽学校を修了して、宝塚歌劇団に入団した直後に起きたのが、東日本大震災でした。

「最初は精神的に落ち込んだけれど、私が頑張る姿を見せることが誰かの励みになればという思いで。全国ツアーで地元の舞台に立つのが夢です」

(出典:産経west2017.7.27

蓮つかささんの頑張りは・・・

きっと多くの人の希望になったことでしょうね。

宝塚初観劇は2005年宝塚バウホール公演『DAYTIME HUSTLER ~愛を売る男~』。

また「憧れの上級生は壮一帆(そうかかずほ)さん」だそうですから、上述の公演には壮一帆さんも出演。宝塚GRAPHより)

その時から憧れははじまっていたのかもしれません。

↓↓2. 蓮つかさの略歴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    舞台メイクをした面立ちは音月 桂さんぽいと思ったことがあります。

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      確かに似てらっしゃいますね。
      近いうちに『All for One』観劇しますので、いつも以上にしっかり見てきますね。

      コメントありがとうございました。