月組『カンパニー』ポスター通りの爽やか珠城りょうが素敵すぎ!観劇感想

月組公演『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー) -』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』を観劇してきました。

どちらかというと

『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』の方が、

宝塚歌劇団初の女性作家によるショー作品ということ、またかってなかった演出で話題を呼んでいますね。

まずこの記事では『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー) -』について、作品としての観劇感想をお届けします。

↓↓【関連記事】




月組『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー) -』

宝塚にしては珍しい、現代の日本が物語の背景になっています。

トップスター・珠城りょう(たまきりょう)さん演じる、青柳誠二は製薬会社に勤めるサラリーマン。

珠城りょうさんはスーツをバシッと着こなし、またそれが良く似合っていました

清涼感あふれる体育会系、かつ人の心に寄り添うことができる暖かな人柄。

不器用なところもありながら、前向きにチャレンジしようとしている姿。

青柳誠二を演じる珠城りょうさんからは、誠実な人間性が溢れています。

舞台はその人柄を反映する」と言われますから、素の珠城りょうさんの人柄がうかがえるような気すらする作品。

なかなか珠城りょう率いる、月組にぴったりの作品です。

↓↓【関連記事】

↓↓ 2. 月組『カンパニー』で知る「白鳥の湖」の魅力、他

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする