紫門ゆりや、本名、年齢、成績は?お茶会でも貴公子はホント?

紫門ゆりやのプロフィール

 紫門ゆりや(しもんゆりや)
宝塚音楽学校入学 2003年4月
宝塚歌劇入団 2005年3月
入団期  91期生
入団時席次  2番/47名中
初舞台  花組『マラケシュ・紅の墓標/エンター・ザ・レビュー』
出身地  愛知県名古屋市
出身校  名東高等学校
身長  171cm
誕生日  1985年12月28日
芸名の由来  憧れていた紫苑ゆうさんと、高校の先輩である紫城るいさんから「紫」の文字をもらった
血液型  A型
愛称  ゆり
家族  4歳上の姉と4歳下の妹
本名  林 由莉




紫門ゆりやさんは20.4倍の競争率の中、宝塚音楽学校に入学。

↓↓90周年の大運動会、まだ音楽学校の生徒だった頃の紫門ゆりやさんが!

星組・天寿光希さんに次いで、47名中2番という優秀な成績で音楽学校を卒業、宝塚歌劇団に入団しました。

紫門ゆりやさんは、5歳から習字、水泳、バレエを習っていたそうです。

タカラジェンヌに多いように、やはり紫門ゆりやさんもご実家がお金持ちなのでしょうか。

まぁ、それはわからないですけれど、宝塚GRAPH「波瀾爆笑!?我が人生」の中で、幼い頃の習い事のお話や、「ベルサイユのばら2001」で宝塚にはまったことなどを語られていました。

↓↓毎年劇場ロビーに飾られる初舞台生一覧。紫門ゆりやさんを見つけてくださいね。





(出典:http://zan-mai.air-nifty.com/

漫画の「ベルサイユのばら」がもともと好きだったようですね。

男役さんは学年が上がるとだんだん髭の似合う雰囲気になっていきますが、今年で研14になる紫門ゆりやさんは今もとても若々しく、フレッシュ。

おっとり・ふんわりとした性格が舞台姿に表れているようです。

↓↓3. 紫門ゆりやの舞台略歴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする