海乃美月は月組次期トップ娘役候補? 本名、年齢、成績は?

広告 自由サイズ
     

舞台略歴

 2011年4月~5月  星組『ノバ・ボサ・ノバ/めぐり会いは再び』*初舞台
 2011年10月~12月  宙組『クラシコ・イタリアーノ/NICE GUY!!-その男、Yによる法則-』(組廻り)
2012年 月組へ配属
 2012年10月~11月  『春の雪』(バウホール・日本青年館)少年清顕/房子
 2013年1月~3月  『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』小公女、幼少時代のアンドレ、新人公演:ロザリー(本役:愛希れいか)*新人公演初ヒロイン
 2013年7月~10月  『ルパン-ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』新人公演:フラヴィ(本役:憧花ゆりの)
2014年1月 『New Wave!-月-』(バウホール)
 2014年3月~6月  『宝塚をどり』『明日への指針-センチュリー号の航海日誌-』アンジェラ、新人公演:レイラ(本役:愛希れいか)*新人公初ヒロイン
 『TAKARAZUKA 花詩集100!!』仮面の女、少女、新人公演:花のエトワール、トップスター女、銀の花の女(本役:愛希れいか)*新人公演ヒロイン
 2014年7月~8月  『THE KINGDOM』(日本青年館・シアタードラマシティ)ジェニファー *Wヒロイン
 2014年9月~12月  『PUCK』草の露、新人公演:ハーミア(本役:愛希れいか)*新人公演ヒロイン『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』*初エトワール
2015年11月~2016年2月 『舞音-MANON-/GOLDEN JAZZ』ホマ、新人公演:張紫微(本役:憧花ゆりの)、ティコ(本役:桃歌雪)
 2015年4月~7月  『1789-バスティーユの恋人たち-』オランプ・デュ・ピュジェ(早乙女わかばと役替わり) *ヒロイン
 2015年9月  『A-EN(エイエン) ARI VERSION』(バウホール)マリッサ・ムーア *バウ初ヒロイン
 2017年1月~3月  『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』婦人/フリーダ・フラム(フラムシェン)(早乙女わかばと役替わり)、新人公演:エリザヴェッタ・グルーシンスカヤ(本役:愛希れいか) *新人公演ヒロイン
2017年4月~5月 『瑠璃色の刻(とき)』(シアタードラマシティ・赤坂ACTシアター)アデマール *単独初ヒロイン
2017年7月~10月 『All for One~ダルタニアンと太陽王~』マリア・テレサ、新人公演:モンパンシェ公爵夫人(本役:沙央くらま)
2018年2月~5月 『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』
2018年6月~7月 『THE LAST PARTY』(日本青年館・シアタードラマシティ)*ヒロイン




↓↓『グランドホテル』フラムシェンの海乃美月さん

初舞台後、組廻りを経て月組へ配属。

その後の研3で『ベルサイユのばら』本公演でアンドレの子供時代を演じる抜擢。

そして新人公演では月組トップ娘役の愛希れいか(まなきれいか)さんの役・ロザリー、すなわちヒロイン役を射止めました。

その後も新人公演ヒロインの経験を重ねていますが、日本青年館・シアタードラマシティ公演では『THE KINGDOM』では早乙女わかば(さおとめわかば)さんとWヒロイン。

この『THE KINGDOM』では、いつも可愛いイメージの強かった海乃美月さんが大人っぽい演技をされていました。

新しい魅力を開拓? 私的にはこの作品が海乃美月さんの娘役さんとしての、一つのターニングポイントだったと思います。

2015年には宝塚歌劇団の「新人賞」も受賞。

2017年、現トップスター・珠城りょう(たまきりょう)さんのトップお披露目公演となる『グランドホテル/カルーセル輪舞曲(ロンド)』では、『THE KINGDOM』と同じく早乙女わかばさんとの役替わり。

フラムシェンという、難役に海乃美月の色を出して挑んだと思います。

早くから 新人公演でヒロインの経験を重ね、外箱ヒロイン、エトワールも経験。




↓↓海乃美月の初エトワール

演技、歌、ダンスと宝塚歌劇団に必要な物をすべて得意と感じられる海乃さん。

『THE LAST PARTY』では、月組三番手男役スター・月城かなと(つきしろかなと)さんの相手役を務めることが決まっています。

こうなると・・・ 2018年8月~11月の月組公演『エリザベート -愛と死の輪舞』で、月組トップ娘役・愛希れいかさんが退団を発表。

また、Wキャストや役替わりで良きライバルであった早乙女わかばさんが、2018年5月『カンパニー-努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』東京宝塚劇場千秋楽をもって退団。

ファンの中に↑↑こういう声もありますし・・・ この状況から、次の月組トップ娘役は海乃美月さん? そう推測してもおかしくない状況ですね。

(ただし、他組からの落下さんの可能性もあるかなあ・・・)

↓↓ 4. 海乃美月の素顔 / 海乃美月はトップ娘役を射止めるか? まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    早乙女さんが退団を決意したのなら、組み替え誰かが来ない限り海乃さんがトップ娘役でしょうねぇ。

    『雨に唄えば』では美園さんがヒロインですが、珠城さんとはバランスがイマイチに感じるし。

    『オールフォーワン』での海乃さんはカイヤにしか見えませんでした。