花總まり・大河おんな城主直虎、佐名は誰?宝塚時代と本名、年齢、略歴は?

広告 自由サイズ
     

『おんな城主 直虎

佐名(さな)を演じているのは

2017年のNHK大河ドラマで『おんな城主 直虎』で「この綺麗な人誰?」と

話題になっている、花總まり(はなふさまり)さん。

宝塚出身の娘役さんとは思われない方が多いようです。

↓↓おんな城主 直虎・佐名役の花總まりさん

(出典:http://www.nhk.or.jp/

でも花總まりといえば「宝塚の女帝」と異名をとるほどの素晴らしい娘役さん!

そして宝塚卒業も数々のミュージカルの舞台で主演し、

昨年は東宝ミュージカル『エリザベート』で

彼女がタイトルロールの「エリザベート」演じる日は、プレミアチケットとなるほどの

人気をはくしている素晴らしい舞台女優でもあります。

宝塚時代はトップ娘役を12年務めるという歴史を残した花總まりさんについて

宝塚時代からを綴っていきます。

↓↓花總まりさん

(出典:花總まりオフィシャルサイト




花總まりといえば!

花總まりといえば・・・

上述の通り「宝塚の女帝」といわれ、12年間の長きにわたってトップ娘役として

君臨した娘役さんでした。

代表作は・・・

今でこそ素晴らしいと絶賛されている日本、そして宝塚の初演『エリザベート』、

ベルサイユのばら』のマリー・アントワネット、

風と共に去りぬ』のスカーレット・オハラ、

日本初演の『ファントム』のクリスティーンなど

宝塚の名作という作品でヒロインを務めています。

1991年年に宝塚歌劇団に入団、2006年に『NEVER SAY GOODBYE‐ある愛の軌跡‐』で

退団するまでに、数多くの作品で活躍しました。

↓↓花總まりさんがトップ娘役時代の宝塚パレード集




花總まりのプロフィール

 花總まり(はなふさまり)
宝塚音楽学校入学  1989年
宝塚歌劇入団  1991年
入団期  77期
入団時席次  9番/40人中
初舞台  月組公演『ベルサイユのばら-オスカル編-』(※1)
出身地  東京都
出身校  日本女子大学付属高等学校
身長 163cm
生年月日 1973年2月28日
血液型 O型
愛称 ハナ、まり
本名 醍醐まり子
家族 母は元松竹歌劇団の青江奈美、1男3女の4人兄妹の末っ子

■ 花總まりさんは母の影響で幼い頃から宝塚を知っていたそうです。

■ 5歳からヴァイオリン、小学校からバレエを習っていました。

■ 音楽大学へ進学するつもりでしたが「だんだん舞台に興味が湧いてきて、宝塚だったら色々学べる」と受験を決意。

高校1年終了時に宝塚音楽学校を受験しました。

(以上、参考資料 https://ja.wikipedia.org/




■ 白鳥麗子?

 日本女子大付属高校時代を知るある女性の証言。

「バイオリン・ケースを胸に抱いて校内を歩いている姿は、本当に深窓のお嬢さま、当時流行っていたテレビCMの“白鳥麗子”の雰囲気そのものでした」

(出典:http://www.zakzak.co.jp/

「白鳥麗子」の雰囲気そのものと言われていたからには、

宝塚入学前から華のある女の子だったのでしょう。

(※1) 初舞台の『ベルサイユのばら -オスカル編-』

新人公演で小公女の役を務めていますが、初舞台生が『ベルサイユのばら』で新人公演といえども小公女を務めるのは、異例の抜擢といえます。

↓↓花總まりさんの宝塚音楽学校時代

(出典:https://twitter.com/

宝塚音楽学校の制服を着た、花總まりさん。

まだ可愛らしい女の子ですね、

それが・・・「宝塚の女帝」と謳われる歴史に名を残す娘役さんになられるのです。

↓↓ 2. 花總まりの宝塚時代の略歴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする