天海祐希は宝塚の伝説の男役!本名、年齢から凄すぎる伝説までを探る

スポンサーリンク

現在、女優として第一線で活躍し続けている天海祐希(あまみゆうき)さん。

yuki_amame_さん(@yuki_amame_)がシェアした投稿

今や「上司にしたい女優No.1」の殿堂入りといってもいいほど、大人気の女優さんです。

サバサバとした性格やスラッとした身長からも、宝塚の男役出身ということは有名なところだと思います。

今は超実力派の女優さんである、そんな天海祐希さん。

こちらの記事では、天海祐希さんが宝塚時代は一体どんなスターさんだったのかじっくり掘り下げてみたいと思います!

スポンサーリンク

天海祐希さんのプロフィール

天海祐希(あまみゆうき)
宝塚音楽学校入学 1985年4月
宝塚歌劇入団 1987年3月
入団期 73期生
入団時席次 26番/42名中
初舞台 雪組公演『宝塚をどり讃歌 / サマルカンドの赤いばら』
出身地 東京都台東区
出身校 菊華高等学校(現・杉並学院高等学校)
身長 171㎝
誕生日 1967年8月8日
芸名の由来 漢字4文字・本名から一字・希望の「希」・本名と同じ字画数、という条件から「天海祐希」「木条祐希」の2つの候補に。音楽学校の副校長の助言で「天海祐希」に。
血液型 O型
愛称 ゆりちゃん、ゆり、あまみ
家族 兄、弟
本名 中野祐里

お嬢さま属性が多いタカラジェンヌさんの中では珍しい、下町出身の天海祐希さん。

小さい頃からお芝居がしたいと思っていたそうで、中学校で演劇部に入ったことから、担任の先生から宝塚を勧められて受験準備に入ります。

きっと見るからに男役にピッタリ!な容姿だったのでしょうね~。

そして高校2年生修了時のタイミングで音楽学校に入学。

首席での入学だったので、やはり担任の先生が見た通り、男役にピッタリなポテンシャルを秘めていたのでしょう。

しかし、卒業時には26番ということですので、やはり宝塚には全国からの精鋭が集まってきているということですね。

ご家族は、男兄弟の真ん中で、お父様が非常に子煩悩な方だったそうです。

天海祐希さんがサバサバした性格なのは、それゆえなのでしょうか。

芸名もお父様と一緒に考えたそうですよ。

スポンサーリンク

天海祐希さんの同期生(73期)たち

  • 絵麻緒ゆう(えまおゆう)さん(元雪組トップスター)
  • 姿月あさと(しづきあさと)さん(元宙組トップスター)
  • 匠ひびき(たくみひびき)さん(元花組トップスター)

天海祐希さんの73期は、トップスターを4人も輩出している非常に優秀な期です。

しかも、天海祐希さんは驚きの研7でトップ就任、姿月あさとさんも研11でトップ就任と、どちらもかなり早い就任を果たしています。

天海祐希さんと姿月あさとさんは月組で一緒でしたので、切磋琢磨できるいい関係だったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

しぐ寝。さん(@_yryr__rayzuka)がシェアした投稿

入団時の成績を見ると、この元トップさん4人の中ではいちばん下位だった天海祐希さん。

つくづく、成績と入団後の活躍がイコールになるわけではないことが分かりますね。

↓↓2.天海祐希さんの「ウソでしょ?!」な華麗なる経歴!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする