星蘭ひとみの本名、成績、年齢は?お嬢さまって本当なの?101期美人娘役に迫る

スポンサーリンク

星蘭ひとみさんの舞台略歴

2015年4月 月組『1789-バスティーユの恋人たち-』*初舞台公演
星組へ配属。
2015年8月 『ガイズ&ドールズ』
2016年1月 『LOVE&DREAM-I. Sings Disney/II. Sings TAKARAZUKA-』(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
2016年3月 『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!』
2016年8月 『桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-』新人公演:村田岩熊(本役:天飛華音)/『ロマンス!!(Romance)』
2017年3月 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』ルイ・シャルル、新人公演:ケイト(本役:音波みのり)
2017年7月 『オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-』(梅田芸術劇場)ドリー
2017年9月 『ベルリン、わが愛』新人公演:ジル・クライン(本役:綺咲愛里) /『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』*新人公演初ヒロイン
2018年2月 『うたかたの恋』ステファニー/『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』(中日劇場)
2018年4月 『ANOTHER WORLD』新人公演:お澄(本役:綺咲愛里)/『Killer Rouge(キラー ルージュ)』*新人公演ヒロイン

↓↓101期生、初舞台のロケット公開稽古

初舞台公演のロケットのお衣装に沿って、稽古着もトリコロールカラーになっている101期生。

横一列になったときに左から6番目の青いレオタードの方が星蘭ひとみさんです。

小顔揃いのタカラジェンヌの中でも一層小顔で異彩を放っているのが分かりますね。

↓↓100周年の運動会、本科生時代の星蘭ひとみさん

宝塚専用さん(@aya.tkrzk)がシェアした投稿

こちらは100周年の運動会の模様ですが、本科生で出場したときの星蘭ひとみさんです。

音楽学校時代はまだ垢抜けていていない生徒さんが多い中、星蘭ひとみさんはこの完成度!

誰が見ても「美少女!」ですよね。

この舞台映えするビジュアルを買われてか、成績下位ながらも研3でいきなり『スカーレット・ピンパーネル』のルイ・シャルルという大役に大抜擢されます。

この作品で一気に「星蘭ひとみ」という名を広めることとなりました。

そして翌年、満を持して新人公演ヒロインに抜擢。

女優役に相応しい美貌で、相手役を務めた極美慎(きわみしん)さんとともに「美男美女コンビ」と大絶賛されます。

*・Mii・*さん(@mmm_takarazuka83)がシェアした投稿

お2人とも、まだ下級生とは思えないほどの大人っぽさと気品がありますよね。




そして今年の2月に公演された、中日劇場最後の作品「うたかたの恋」でもルドルフ殿下の妃、ステファニーという大きな役を演じました。

amieさん(@orchid_etoiles)がシェアした投稿

豪華なドレスがよく映える美貌とキリッとしたお顔立ちが、苛立つ皇太子妃殿下にぴったりでした。

可憐で可愛らしい雰囲気の娘役さんが多い宝塚で、星蘭ひとみさんのようなゴージャス美女は貴重と言えます。

「ANOTHER WORLD」は2016年の「桜華に舞え」以来となる和モノ。

一体どんな麗しい姿を見せてくれるのでしょうね。

↓↓ 3. 星蘭ひとみの素顔 / 星蘭ひとみのこれから / まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする