極美慎は空手の名手?本名、年齢、成績は?お茶会での素顔までを探る

スポンサーリンク

極美慎の舞台経歴

2014年4月 月組公演『宝塚をどり/明日への指針/TAKARAZUKA花詩集!』*初舞台公演
星組へ配属。
2015年8月~11月 「ガイズ&ドールズ」水平/新人公演:クロスビー(本役・紫藤りゅうさん)
2015年12月 梅田芸術劇場公演「タカラヅカスペシャル2015」コーラス出演
2016年1月 バウホール公演「鈴蘭(ル・ミュゲ)-思い出の淵から見えるものは-」エティエンヌ、民衆
2016年3月~6月 「こうもり-こうもり博士の愉快な復讐劇-」「THE ENTERTAINER!」
2016年6月 バウホール公演「Bow Singing Workshop~星~」
2016年8月~11月 「桜華に舞え-SAMURAI The FINAL-」「ロマンス!!」新人公演:辺見十太郎(本役・紫藤りゅうさん)
2017年1月 東京国際フォーラム公演「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」
2017年3月~6月 「THE SCARLET PIMPERNEL」新人公演:アルマン・サン・ジュスト(本役・瀬央ゆりあさん)
2017年7月~8月 梅田芸術劇場公演 「オーム・シャンティ・オーム-恋する輪廻-」
2017年9月~12月 「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA」ボリス・エッフェンベルク/新人公演:テオ・ヴェーグマン(新人公演・紅ゆずるさん)*新人公演初主演
2018年4月~7月 『ANOTHER WORLD』『Killer Rouge(キラー ルージュ)』




極美 慎さんが好きだった役に上げられているのは、2016年に上演された「鈴蘭」2016年8月~11月に上演された「桜華に舞え」の新人公演です。

星組2番手男役・礼真琴さん主演の「鈴蘭」では、研究科2年でありながら早くも役がつき、アデル役の星組娘役・華鳥礼良さんと共に、とぼけたカップルを演じられ好評を得ました。




元星組トップスター・北翔海莉(ほくしょうかいり)さんの退団公演である「桜華に舞え」の新人公演。

難しい日本物ながら幼少期から習っていた空手の経験を生かし「武道の精神が理解でき、剣術も楽しかった」と、舞台人としての大きな経験ができたようです。




2017年9月~12月に上演された星組公演「ベルリン、わが愛」。

極美 慎さんは入団4年目にして新人公演初主演に抜擢されました。

相手役にはこちらも新人公演初ヒロインであった星蘭ひとみ(せいらひとみ)さんが務められ、容姿端麗なお二人の主演コンビに、注目の新人公演となったのです。

初主演を務めるにあたって、同期からも祝福され「精一杯やろう」という意気込みで望まれた極美 慎さん。

映画作りに人生をかけた若き監督テオ・ヴェーグマンを初々しく丁寧な演技で見事に演じ、満員の客席から大きな拍手を受けられ、無事に新人公演主演という大役を果たされました。

今後はイメージとは違う悪役など、どんな役にでも挑戦していきたいそうです。




↓↓宝塚カフェブレイクの極美慎さん&星蘭ひとみさん

新人公演の様子を主演コンビで語っていらっしゃいます。

↓↓ 3. 極美慎の素顔 / 極美慎のこれから / まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする