綾 凰華、本名、年齢、成績は?組替え&新公主演の若手スターのお茶会の素顔も探る

スポンサーリンク

綾 凰華(あやおうか)さんは宝塚雪組に所属する男役です。

愛らしい笑顔と、歌・芝居・ダンスの安定した実力で多くの観客を魅了する綾 凰華さん。

これまで、期待の若手男役として下級生ながら早くから役が付き、新人公演では2番手、3番手などの主要な役処を演じられていました。

2017年、星組から雪組へ組み替えとなったわずか3ヶ月で待望の新人公演初主演に抜擢されました。

綾 凰華さんと同じく2012年に『華やかなりし日々』で初舞台を踏んだ、98期生には早くからスターの頭角を表した同期生がたくさん。

そういう意味では少し遅咲きと言えますが、今年(2018年)研7となった綾 凰華さん。

新人公演ラストの学年でもあり、これからの活躍が期待できます。

そんな、宝塚の男役としてまだまだ多くの可能性を秘めている綾 凰華さんの魅力に迫ります。




プロフィール

 綾 凰華(あやおうか)
宝塚音楽学校入学 2010年4月
宝塚歌劇入団 2012年3月
入団期 98期生
入団時席次 6番/41名中
初舞台 宙組公演「華やかなりし日々」「クライマックス」
出身地 兵庫県宝塚市
出身校 県立宝塚高等学校
身長 169㎝
誕生日 1月5日
血液型 B型
芸名の由来 恩師や尊敬する方々と考えたそうです
愛称 あやな
家族
本名 新保綾菜




綾 凰華さんは4歳の頃からクラシックバレエを習っていたそうです。

そして幼少期は男の子に混ざって遊ぶ活発な女の子だったとか。

宝塚が好きな祖母や母の影響もあり、幼稚園の頃から宝塚に憧れを持っていた綾 凰華さん。

本拠地・宝塚大劇場の地元、宝塚市のご出身ですから、宝塚が身近な存在でもあったのでようね。

2002年、16歳の時に元花組トップ男役・春野寿美礼さん主演で上演された「エリザベート」を見観劇。

宝塚への憧れが強くなり、宝塚音楽学校絵への受験を決意されました。

音楽学校の受験の時には、待ち時間に緊張でそわそわしていたり、初めての音楽学校で迷子になってしまったそうです。

2012年3月、98期生として宝塚歌劇団に入団。

初舞台は宙組公演「華やかなりし日々」「クライマックス」でした。

綾 凰華さんの宝塚歌劇入団時の成績は、41名中6番とかなり優秀です。

同期生には・・・

  • 在雪組トップ娘役・真彩希帆(まあやきほ)さん現在雪組トップ娘役・
  • 月組男役・暁千星(あかつきちせい)さん
  • 星組男役・天華えま(あまはなえま)さん
  • 宙組男役・瑠風 輝(るかぜひかる)さん
  • 雪組娘役・星南のぞみ(せいな のぞみ)さん
  • 宙組娘役・遥羽らら(はるはらら)さん

など、男役・娘役ともに多くの若手スターがいらっしゃいます。

初舞台後は星組に配属。

本公演や新人公演などで多くの経験を積み、2017年8月7日付けで雪組に組み替えとなりました。

その後、組み替えからわずか3ヶ月で新人公演初主演に抜擢され、「ひかりふる路~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~」の新人公演で主演という大役を見事に務められたのです。

そんな綾 凰華さんの気になる年齢は、16歳の頃に受験を決意されていたので、1986年~1987年生まれではないかと推測できます。

↓↓ 2. 綾 凰華の舞台略歴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする