新人公演学年別主演ヒロイン一覧・81期生から90期生、ラストチャンス主演からヒロイン7回!

スポンサーリンク

82期生新人公演主演&ヒロイン経験者

  • 1996年初舞台/月組『CAN-CAN/マンハッタン不夜城』
  • 首席入団:蘭寿とむ

↓↓蘭寿とむさん『エリザベート』新人公演ではトート閣下

スポンサーリンク

生徒名 入団成績 上演年・作品名 その後
蘭寿とむ 1
  • 2001年『ミケランジェロ』
  • 2002年『琥珀色の雨にぬれて』
  • 2002年『エリザベート』
元花組トップスター(2014年退団)
涼 紫央(すずみしお) 2
  • 2002年『プラハの春』
  • 2002年『ガラスの風景』
元男役スター(2012年退団)
紺野まひる(こんのまひる) 3
  • 1996年『虹のナターシャ』
  • 1997年『春櫻賦』
  • 1999年『ノバ・ボサ・ノバ』
  • 1999年『バッカスと呼ばれた男』
  • 2000年『凱旋門』
  • 2001年『猛き黄金の国』
  • 2001年『愛燃える』
 元雪組トップ娘役(2002年退団)
 西條三恵(さいじょうみえ) 4 2000年『ゼンダ城の虜』 元娘役スター(2001年退団)
 遼河はるひ 11 2002年『鳳凰伝』(宙組)  元男役スター(2009年退団)
 壮 一帆(そうかずほ) 12
  • 2001年 『愛燃える』
  • 2002年『追憶のバルセロナ』
 元雪組トップスター(2014年退団)
 沢樹くるみ(さわきくるみ) 18
  • 1996年『ハウ・トゥー・サクシード』
  • 1998年『SPEAKEASY』
  • 2001年『ミケランジェロ』
 元娘役スター(2002年退団)
 叶 千佳(かのうちか) 26
  • 1998年『WEST SIDE STORY』(第2部)(月組)
  • 2001年『大海賊』(月組)
  • 2001年『花の業平』(星組)
 元娘役スター(2004年退団)
月船さらら(つきふね さらら) 29
  • 2001年『ベルサイユのばら2001』(宙組)
  • 2002年『ガイズ&ドールズ』
  • 2002年『長い春の果てに』
元男役スター(2005年退団)

組名は男役(主演)、組名は娘役(ヒロイン)

合計9名

スポンサーリンク

82期生といえば、宝塚史上最高の入試倍率48.25倍を突破して宝塚音楽学校に入学。

その中でも常に首席を通した蘭寿とむ(らんじゅとむ)さんのお話は有名です。

そんな82期生で新人公演主演を務めたのは9名。

その中からトップ娘役1名、トップスター2名が誕生しました。

紺野まひる(こんのまひる)さんは退団後は女優として活躍。

NHKの朝の連続テレビ小説にも出演されたことがあるので、ファンでなくともご存知の方はいらっしゃるでしょう。

↓↓左が紺野まひるさん、お隣は後輩・雪組元トップ娘役の愛加あゆ(まなかあゆ)さん

↓↓前述の蘭寿とむさん。


(出典:https://twitter.com/

現役時代はかっこよくてファンを魅了。

退団後も舞台を中心に女優として活躍されていましたが、ご結婚はとても話題にのぼったものです。

元宝塚トップスター蘭寿とむさんが一般男性と結婚! 宝塚OGと各界からの喜びの声&花組さんからも!
元宝塚・花組トップスター 蘭寿とむさんのご結婚の情報が入ってきました。 まゆさん! おめでとうございます! 色香ある男役として活...

宝塚歌劇団のジンクス、首席入団者はトップになれない!を破ったのは誰?
宝塚歌劇団は、まず宝塚音楽学校の入学の時から常に成績がつきまとう世界であることは有名です。 音楽学校入学時からずっと残る席次を細かく書...

スポンサーリンク

壮一帆(そうかずほ)さんも、かなり学年を重ねてからのトップスター就任でしたが、説得力ある芝居にはいつも引き込まれるものがありました。

↓↓宝塚時代の壮一帆さん

男役スターとして活躍後に退団された遼河はるひ(りょうがはるひ)さんも、TV番組では活躍中のOGジェンヌさんのお一人ですね。

↓↓ 3. 83期生新人公演主演&ヒロイン経験者

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    博多なう。

    昨日は観光をして、今日は観劇して帰るだけです。

    美弥さんのトップはどうでしょう。

    すみれ子さんは美弥さんより、凪七押し?

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      博多座楽しんできてくださいね。

      えーーっと

      >美弥さんのトップはどうでしょう。

      これね、私は悲しくて仕方ないですが、美弥さんも凪七さんにもないかも?なんて思う昨今です。
      どうなるかなぁ? いつか記事を書こうかしら?