NHK月組『カルーセル輪舞曲(ロンド)』でレビューとは?を知る放映感想

広告 自由サイズ
     

1月1日に初日を迎えたばかりの月組公演『グランドホテル』の併演のショー、『カルーセル輪舞曲(ロンド)』がHNK-BSプレミアムで全編ノーカットで放映されるというのは、かってないような出来事。

本当にノーカット?

宝塚大劇場で元日に幕を開けた月組公演から「モン・パリ誕生90周年 レヴューロマン カルーセル輪舞曲(ロンド)」を全編紹介。

(出典http://www4.nhk.or.jp/

と思っていましたが、全編を無事観ることができました。

宝塚のレビューとはどういうものなのか?

と番組の前半に卒業生(OG)さんへのインタビューもまじえて説明があり、

なおかつ、『カルーセル輪舞曲(ロンド)』出演中の月組トップコンビ・珠城りょう(たまきりょう)さんと愛希れいか(まなきれいか)さんも登場するなど

宝塚のレビューを観たことがない人も「そういう感じなのね!」

とレビュー(ショー)をイメージしやすい番組になっていました。

レビューの魅力を語る月組トップコンビ

1927年に宝塚では『モン・パリ~我が巴里よ!~』が上演されましたが、

この時にはじめて「レビュー」という言葉が使われたので、

今年はレビュー誕生から90周年といわれているのだそうです。

それを記念して上演されているのが月組の『カルーセル輪舞曲(ロンド)』。

↓↓『カルーセル輪舞曲(ロンド)』フィナーレ

(出典:gossipチャンネル




レビューとはどんなものなのか・・・

『TAKAEAZUKA花詩集100!』から珠城りょうさんと愛希れいかの映像も流れた後、

お二人は、今上演されている『カルーセル輪舞曲(ロンド)』では、

初演の場面がリメイクされていること、

レビューの楽しさ、魅力、衣裳のきらびやかさ・・・など、いろいろ語っていました。

たまきち(珠城)は、トップになったばかりだし、若いし・・・

こういうインタビューなどにも、まだ不慣れかとおもいきや、しっかりとわかりやすく受け答えする点で

すでにトップとしての自覚だけでなく、風格すら感じました

NHKの番組演出

宝塚大劇場ってどんなところ?

行ったことのない方には想像できないですよね。

それを非常にわかりやすく、今から観劇におもむく人の目線で、

劇場の建物入り口から

ずーーーーっと大劇場改札までを映像化しているので、

臨場感がありました。

たどり着いた大劇場ロビーの階段の上には

なんと月組トップコンビの珠城りょうさん&愛希れいかさんが立っているのですが、

それは現実にはありません!(笑)

実際はそこから劇場の中への扉をひらき

客席に着くのですが・・・

なんだか劇場に本当に行ったような気分になれました。




人気レビュー作は?

一番好きなレビューは?

というアンケートを番組で独自にとっていたのですが、

人気のあったレビューの一場面が映像で流れたり。

古くは鳳蘭(おおとりらん)さん、大地真央(だいちまお)さん大浦みずき(おおうらみずき)さん・・・

一路真輝(いちろまき)さん、天海祐希(あまみゆうき)さん、真矢みき(まやみき)さん、紫吹 淳(しぶき じゅん)さんの姿もありました。

そうそう・・・紫吹 淳さんがベルリン公演で半円形上の舞台で、他の男役さん達と踊る黒燕尾のアンサンブルもあったし、

初演の宙組『シトラスの風』のプロローグと「明日へのエナジー」もありました。

轟悠(とどろきゆう)さんの『ノバボサノバ』も!

パッショネイト宝塚の柚希礼音(ゆずきれおん)さんと咲ねね(ゆめさきねね)さんのデュエットダンス、

ル・ポアゾン』もありましたね。

さらっとですが宝塚ファンならよく知るようなレビューは結構とりあげられていました。


(出典:http://plaza.rakuten.co.jp/)

そして・・・

一番視聴者から特に人気を集めたレビューは

2016年星組公演『THE ENTERTAINER!』

だったそうです。




レビューの魅力について語る卒業生(OG)

この番組で登場した卒業生(OG)は檀れい(だんれい)さん、水夏希(みずなつき)さん。

このお二人にインタビューするのはNHKでも宝塚に詳しい杉浦圭子アナ。

レビューの魅力について語る・水夏希

こればかりは宝塚にしかないです

華やかで、美しくて、派手で、キラキラしている

あんなに電飾を使い、あんなに羽を使う

ラインストーンとかスパンコールとかをあんなに使うショーは

世界中さがしても、宝塚しかない

退団してからそう改めて実感しているそうです。

水さんの思い出に残るショーは雪組トップ時代に自身が出演したショー『ソロモンの指輪』だとか。

上演時間が30分と宝塚史上最も短いショー

管理人・スミレ子も観劇したのですが、そんなに短かった?と改めて思い出してしまいました。

思い出のレビューを語る檀れいさん

中国公演に行った時の「桜ボレロ」が忘れられない・・・

そして再び中国公演に行った時は

なんと『サザン・クロス・レビュー』の中で、一場面中国語で歌った時の

お客さん達の反応が嬉しそうで

それが忘れ

られないと語っていました。

↓↓2.レビュー『カルーセル輪舞曲』は?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする