早乙女わかば、退団発表!その本名、成績、年齢に迫る

広告 自由サイズ
     

早乙女わかばのプロフィール

 早乙女わかば(さおとめわかば)
宝塚音楽学校入学  2006年4月
宝塚歌劇入団  2008年3月
入団期  94期生
入団時席次  44名中/24番
初舞台  「ME AND MY GIRL」
出身地  兵庫県神戸市
出身校  兵庫県立宝塚北高等学校
身長  162cm
誕生日  1989年5月30日
芸名の由来  家族と恩師で決め、NHK連続テレビ小説「わかば」の主人公のヒロイン像が自分に重なった事から「わかば」と名付けられた
血液型  A型
愛称  わかば あやこ あじゃ あじゃこ
本名  太田絢子

宝塚北高校はご存知の方は凄い!と声が出るかも知れないですが兵庫県の中でもトップ5にはいるレベルの進学校です。

そして北高と言えば、演劇科が有名で数々の宝ジェンヌを輩出されています。

早乙女さんもその一人。星組娘役の夢妃杏瑠(ゆめき あんる)さん、星組トップ娘役の綺咲愛里(きさき あいり)さんも演劇科です。

早乙女わかばさんは、高校1年は修了されているとの事です。

演劇科では勉強と受験へ向けて相当頑張ってらっしゃったかもしれませんね!

ちなみに小さい頃からの夢は「アイドルになる」「歌手になる」だったそうです。




「タカラヅカスペシャル2015-New Century,Next Dream-」でお客様と一緒に踊る振り付けを、タカラヅカスカイステージ放送の中で振付講座としてコーナーに出た時の早乙女わかばさん。

娘役さんとしては珍しいデニム姿にいつもと違うラフな雰囲気で可愛かったです!

新人公演時代は、元星組トップ娘役の夢咲ねね(ゆめさきねね)さんに「自分の好きなようにやっていいんだからね」とアドバイスされたらしくのびのびと舞台に立っておられたことも、懐かしい出来事です。

↓↓3.早乙女わかばの舞台略歴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    『The kingdom』観劇時、隣にいた方とお喋り。「明日海さんの相手役には早乙女わかばちゃんがいい」と言う私にその方は「可愛いけど、歌が〜」という評価でした。歌がネックだったんでしょうか。でも、そう言うなら綺咲愛里ちゃんだって可愛いけど、三拍子満点な訳でも……と思ったり。

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      コメントありがとうございます。
      最近、お返事ができていなくて申し訳ありません。(記事更新も・・・ ^^;)
      早乙女わかばちゃんは地元宝塚出身なので、宝塚に在住している知人などから「知り合いのお嬢さんが宝塚に入って」と
      教えてもらったのは星組配属直後。

      下級生時代から結構役付きも良いと思っていましたが・・・残念。
      可愛いけど歌が・・・、可愛いけど芝居が・・・、多少難があってもトップになれる人はなれるし、実力があっても慣れない
      人はなれない。
      そのあたりの人事がAKBの「次のセンターはだれ?」ではありませんが、ファンが気をもむ点ですね。
      もう謎というしかありません(苦笑)。

      宙組『不滅の棘』を観ましたが、ヒロインの遥羽ららさんもこの先どうなるのかなぁ?などと思いました。