早乙女わかば、退団発表!その本名、成績、年齢に迫る

広告 自由サイズ
     

早乙女わかばさんのこれから

12月25日クリスマスに退団発表をされた早乙女わかはさん。

ファンの方は本当に残念で悲しまれた事と思います。

御贔屓にしていた生徒さんが退団する時は「もう少し舞台に立ってほしかった」と言う思いになるのは当然ですね。

とくに早乙女さんは星組に配属された時から娘役の路線候補として、月組へ組替しても同じく大切に育てられてきたジェンヌさんの一人です。

もっともっと活躍されることと思っていたのですが、今年の春に退団を発表。

宝塚に在団中の10年間に培った演者魂と美しい美貌で、これからも活躍の場を広げていく可能性もあるやもしれません。

惜しまれながら退団していった生徒さんは、たくさんいらっしゃいますが、早乙女わかばさんはファンの記憶の中にずっと刻まれる娘役となることでしょう。

ラストデイはまだまだ先ですが、東京公演千秋楽の日、わかばちゃん(早乙女)は春の清々しい風に包まれて青春を過ごした宝塚を卒業充実した気持ちで旅立っていかれることでしょう。

最後の日まで、宝塚という舞台を楽しんで悔いなく演じられるように、私達ファンは心から応援の気持ちを持って、わかばちゃん(早乙女)の舞台を見守り応援していきたいものです。




まとめ

この記事では早乙女わかばさんを紹介しました。

ひょっとすると早乙女わかばさんの卒業を一番寂しく感じているのは、月組トップスターで同期生の珠城りょうさんでは?と管理人・すみれ子は勝手な想像をしています。

同期生の絆が強い宝塚の世界。

トップスターとして輝く珠城りょうさんにとっても、わかばちゃんは様々な面で支えになっていたのではないか・・・という勝手な推測なのですけどね。

わかばちゃんも最後の日まで、月組生としても最高の舞台を作り上げて、日々舞台人として成長していくことでしょう。

その姿を劇場の片隅でしっかりと見届けたいと思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    『The kingdom』観劇時、隣にいた方とお喋り。「明日海さんの相手役には早乙女わかばちゃんがいい」と言う私にその方は「可愛いけど、歌が〜」という評価でした。歌がネックだったんでしょうか。でも、そう言うなら綺咲愛里ちゃんだって可愛いけど、三拍子満点な訳でも……と思ったり。

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      コメントありがとうございます。
      最近、お返事ができていなくて申し訳ありません。(記事更新も・・・ ^^;)
      早乙女わかばちゃんは地元宝塚出身なので、宝塚に在住している知人などから「知り合いのお嬢さんが宝塚に入って」と
      教えてもらったのは星組配属直後。

      下級生時代から結構役付きも良いと思っていましたが・・・残念。
      可愛いけど歌が・・・、可愛いけど芝居が・・・、多少難があってもトップになれる人はなれるし、実力があっても慣れない
      人はなれない。
      そのあたりの人事がAKBの「次のセンターはだれ?」ではありませんが、ファンが気をもむ点ですね。
      もう謎というしかありません(苦笑)。

      宙組『不滅の棘』を観ましたが、ヒロインの遥羽ららさんもこの先どうなるのかなぁ?などと思いました。