諏訪さき、母娘ジェンヌの雪組若手男役、年齢と本名は?

スポンサーリンク

諏訪さきの略歴

2013年4月 雪組大劇場、東京宝塚劇場『ベルサイユのばら-フェルゼン編-*初舞台公演(組回りで東京公演にも出演)
2013年7月 月組『ルパン -ARSÈNE LUPIN-/Fantastic Energy!』(組廻り)
雪組に配属
2014年6月 一夢庵風流記 前田慶次』新人公演:願人坊主(本役:久城あす)(※1)/『My Dream TAKARAZUKA』
2015年1月 ルパン三世 -王妃の首飾りを追え!-』新人公演:バルナーヴ(本役:永久輝せあ)/『ファンシー・ガイ!』
2015年4月 星逢一夜(ほしあいひとよ)』 新人公演:泰三(本役:蓮城まこと)
2016年2月 るろうに剣心』新人公演:加納惣三郎(本役:望海風斗)
2016年7月 バウホール公演Bow Singing Workshop(※2)
2016年10月 私立探偵ケイレブ・ハント』新人公演:ホレイショー(本役:彩凪翔)/『Greatest HITS!
2017年2月 バウホール公演New Wave! -雪-
2017年4月 幕末太陽傳』白井小助/ 『Dramatic “S”!』

(※1) 雪組配属後、『一夢庵風流記 前田慶次』新人公演で若手スター・久城あすの役を研2で射止め、それ以降永久輝せあ、蓮城まことの役がついて、『るろうに剣心』では二番手スター・望海風斗の役、と新人公演での活躍は未来のスターを予感させています。
(※2) 若手スターが登用された『Bow Singing Workshop』『New Wave! -雪-』出演メンバーに選ばれたことも、将来を期待されたのことと言えるでしょう。




↓↓『私立探偵ケイレブ・ハント』新人公演、諏訪さきさんと永久輝せあさん

(出典:http://www.suruga-ya.jp/

スーツ物は下級生には着こなしが難しいと言われていますが、諏訪さきさんは新人公演では順当に成長しているだけあって、なかなかイケてる感じです。

母、諏訪アイさんについて

諏訪さきさんのお母様は、OGの諏訪アイさんです。

ちょうど管理人・すみれ子が第一次宝塚ブーム真っ只中の頃、諏訪アイさんは現役で活躍されてよく覚えています。

まず諏訪さきさんのお顔をはじめて「宝塚おとめ」で見た時に、すぐに「あっ、諏訪アイさんだ!」と思ったぐらいよく似ていらっしゃいます。

↓↓諏訪アイさん

(出典:諏訪アイミュージカルスクール




諏訪 アイ(すわ あい)
宝塚音楽学校入学 1971年
宝塚歌劇入団 1973年
入団期 59期生 (※1)
退団年 1978年
初舞台 1973年3月24日 – 4月25日星組公園
『花かげろう』『ラ・ラ・ファンタシーク』
出身地 京都府京都市
出身校 同志社女子高等学校
誕生日 1月24日
芸名の由来 父親の出身地から
愛称 クッコ、アイ

初舞台当時の芸名は 志和杏子(しわきょうこ)、後に諏訪アイに改名。

(※1) 同期生には現在女優として活躍中の元月組トップスター・大地真央、元雪組トップスターの平みち、元星組トップ娘役の姿晴香、元星組2番手スターの山城はるか、元専科男役で元花組組長の未沙のえる、女優・笹本玲奈の母の四季乃花恵、元専科女役の光あけみ、今も現役の専科の一樹千尋などがいます。

私の記憶の中で、諏訪アイさんは宝塚歌劇団の雑誌「歌劇」の中に載っていた文才溢れる文章、イラストが印象深く残っています。

頭の良い、多彩な人というイメージでした。

舞台では『風と共に去りぬ』新人公演(1978年7月・東京宝塚劇場)でのマミーが非常に評判がよかったです。

当時の専科生・水穂葉子(みずほようこ)さんという大ベテランの当たり役を、見事な演技力で演じていました。

↓↓3. 諏訪アイの現在  / まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする