早霧せいな・咲妃みゆ、同時退団ちぎみゆラストデーに捧ぐ

広告 自由サイズ
     

とうとう、早霧せいな(さぎりせいな)さん・咲妃みゆ(さきひみゆ)さんの築き上げた雪組の集大成・「幕末太陽傳 」「 Dramatic “S”!」の千秋楽が近づいてきました。

2人は、「ちぎみゆ」コンビとして、ファンからも、タカラジェンヌからも愛された”ゴールデンコンビ”。

宝塚において、トップコンビの関係性には個性が現れますが、ここまで一心同体で、夫婦のような連帯感のあるコンビは稀有だと思います。

↓↓初日舞台映像映像

(出展:公式舞台映像)

今回は、退団されるちぎみゆに愛と敬意を込めて、2人がいかにゴールデンコンビであったのかを振り返ります。




早霧せいな・咲妃みゆのトップコンビは運命であり、必然

2014年、咲妃みゆさんが月組から雪組へ組替えしたことで、”ちぎみゆ”は運命的な出会いを果たします。

それまで全く共演経験のなかった2人の相性がこれまでピッタリだとは、誰が予想できたでしょうか。

2人とも九州出身という偶然も、トップコンビとしてのお披露目が100周年記念大運動会だというヒキの強さも、ちぎみゆというコンビを強く印象づけてくれました。

早霧せいなさん・咲妃みゆさん共に、芝居力の高さが評価されるタカラジェンヌでしたが、
2人でお芝居するとその魅力が何倍にも高まりますよね。

緻密に計算してお芝居を作り上げる早霧せいなさん。

北島マヤのように天才的に役をとらえる咲妃みゆさん。

お芝居のタイプは違うと思うのですが、だからこそ相乗効果が得られるのかもしれません。

まさに、出会うべくして出会った2人。

ちぎみゆがトップコンビになったのは、必然的なのです。
↓↓ちぎみゆ公開デート




ちぎみゆが宝塚にもたらしたもの

ちぎみゆコンビの最大の功績は、原作モノのミュージカル化を次々と成功させ、宝塚の懐の広さを証明したことだと思います。

伯爵令嬢」にはじまり、「ルパン三世」「るろうに剣心」「ローマの休日」「幕末太陽傳」と、これは難しいのでは…という作品も見事に宝塚の世界観と融合させました。

ここまで原作モノが多いトップコンビは珍しいのではないでしょうか。

特に、「るろうに剣心」は原作ファンの高い期待以上の作品となり、ファンの裾野を広げました。

ちぎみゆ作品の大劇場における集客率は100%を達成。

これは宝塚史に残る快挙です。

作品時代の話題性もありますが、ちぎみゆの舞台にファンも全幅の信頼をおいていたからこそ、何度も足を運びたくなったのでしょう。

↓↓『るろうに剣心』初日映像

↓↓2.ちぎみゆの”ゴールデンコンビ”が感じられる舞台ベスト3

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする