潤花、研2で新公ヒロイン抜擢の本名、年齢、成績は?

広告 自由サイズ
     

↓↓楽屋入りする潤花さん

綺麗な娘役さん。

可愛い娘役さん。

色々な生徒さんがいますが、こんなに明るい挨拶が感じよいと思う生徒さんも珍しい。

それが潤花さんです。

楽屋入りをギャラリーしているだけのファンに、「おはようございます」と挨拶するような生徒さんはほとんど見たことがありません。

あぁ、この生徒さん、とても良い子だな。

そう思ってしまいます。




↓↓ 別の日の楽屋入り

これは2017年の1月と思われますが、自然な笑顔」がやっぱり素敵な潤花さんです。

舞台だけでなく、オフでのこういう素顔を垣間見ると、思わず応援したい!

そう思ってしまいますね。

そして大きなお稽古バッグをよく見るとダッフィーのマスコットが付いています。

まだ若い可愛らしい女の子だな、と微笑ましく感じられます。

『ひかりふる路』新人公演で演じたマリー=アンヌは、復讐するつもりだったロベスピエールを愛してしまいます。

ロベスピエールに対する怒りや憎しみがありながらも、そんな人を愛おしく思い葛藤するマリー=アンヌ。

オフの潤花さんは20代前半のフレッシュな可愛らしい人に見えますが、一度舞台に立つとマリー=アンヌのような大人な女性を演じるのですから、まだ下級生とはいえお見事!です。

↓↓4. 潤花のこれから / まとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    嬉しい!北海道出身!