綺咲愛里・新生星組トップ娘役の年齢、成績、略歴、素顔は?

広告 自由サイズ
     

11月20日に星組・前トップコンビ北翔 海莉(ほくしょう かいり)さん&妃海 風(ひなみ ふう)さんが宝塚を卒業して、それほど時間も経過していないのですが、もう新生・星組は始動開始!

プレ・お披露目公演『オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-』、タカラヅカスペシャル2016に向けて稽古も始まっていますね。

お披露目公演『スカーレット・ピンパーネル』のポスター画像もすでに公式サイトに発表されています。

↓↓『スカーレット・ピンパーネル』
161218b
(出典:https://twitter.com/




このポスター画像で

堂々たる勢いのマルグリットの綺咲 愛里(きさき あいり)さん。

少し気の強い、自立した女性マルグリットのイメージは出せていますね。

今日はこの新生星組のトップ娘役に就任した、綺咲 愛里さんの略歴を振り返ってみたいと思います。

綺咲愛里のプロフィール

綺咲愛里(きさきあいり)
宝塚音楽学校入学 2008年
宝塚歌劇入団 2010年
入団期 96期
入団時席次 17/38人中
初舞台 月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』※1
出身地 兵庫県川西市出身
出身校 兵庫県立宝塚北高等学校演劇科 ※2
身長 162㎝
誕生日 1991年10月30日
血液型 A型
芸名の由来 恩師と家族で考えた。「綺麗に咲く」
愛称 あーちゃん
本名 三徳 麻衣子(さんとく まいこ)
家族  妹が104期生 (その他は不明です)

月組公演『THE SCARLET PIMPERNEL』
月組元トップスター・霧矢 大夢(きりやひろむ)と蒼乃 夕妃(あおのゆき)トップお披露目公演でもありました。

自身の初舞台公演であった『THE SCARLET PIMPERNEL』の再演で、トップ娘役に就任するとは初舞台当時は考えも及ばなかったことでしょう。

それだけに感慨深い思いもあるかもしれませんね。




■幼少時代からピアノを習っていたそうです。そのピアノの先生に宝塚入りをすすめられたとか。

■兵庫県立宝塚北高等学校演劇科 ※2
公立高校としては、日本で初めて「演劇科」が設置された高校です。
同校から宝塚音楽学校に合格する生徒さんは多数います。

そのことからも、中学から高校へ進学する時に、綺咲愛里さんはいずれ宝塚受験を考えていたことが想像されますね。

↓↓綺咲愛里さんの素顔
img_6
(出典:この想い♡届きますように☆彡

↓↓ 2. 綺咲愛里の宝塚音楽学校時代 / 入団後の略歴

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする