礼真琴・星組二番手スター95期成績トップの本名、年齢と素顔は?

広告 自由サイズ
     

紅ゆずるさん率いる新生星組の二番手スター確定の礼真琴(れいまこと)さん。

抜群の歌唱力は下級生時代から注目されていました。

男役ながら娘役もこなせる可愛い生徒さんのイメージでしたが

最近はメキメキと男役らしくなり

スターオーラも増してきました。

今日は礼真琴さんについて綴っていきます。


(出典:https://twitter.com/




礼真琴のプロフィール

礼真琴(れいまこと)
宝塚音楽学校入学 2007年
宝塚歌劇入団 2009年
入団期 95期
入団時席次 首席/45人中 (※1)
初舞台 宙組公演『薔薇に降る雨/Amour それは…』
出身地 東海大学附属浦安高校(1年修了)
出身校 東京都江戸川区
身長 169cm
生年月日 1990年12月2日
血液型 O型
芸名の由来 「礼」は尊敬する柚希礼音から、「琴」は本名から
愛称  まこっつぁん、こと
本名 浅野琴(あさのこと)
家族 両親 (※2)、姉1人、弟1人

(※1) 宝塚音楽学校を首席で卒業、宝塚歌劇団首席入団です。

「首席入団者はトップになれない」ジンクスを打ち破る一人になりそうな礼真琴さんです。

↓↓【関連記事】

(※2) 父は元サッカー選手の浅野哲也

↓↓【関連記事】




礼真琴の音楽学校入学までと音楽学校時代

礼真琴さんは、小学校高学年の頃からバレエを習っていたそうです。

また宝塚音楽学校に入学する前から子役として芸能活動もしていました。

宝塚初観劇は2005年の星組公演『龍星』。

柚希礼音(ゆずきれおん)さんに憧れ、一緒の舞台に立ちたいと思ったそうです。

それから2年後に宝塚音楽学校に合格、

その2年後に首席で宝塚歌劇団に入団後は初舞台経て星組に配属。

憧れの柚希礼音さんトップ時代に「同じ舞台に立つ」夢を叶えたのですから

ご自身の努力もさることながら

非常にラッキーともいえますね。

(どの組に配属されるかは希望通りにはいかないですから)

↓↓宝塚音楽学校本科生のすみれ売りの礼真琴さん

(出典:http://ameblo.jp/

↓↓卒業式で答辞を読む、礼真琴さん

(出典:http://ameblo.jp/

↓↓2. 礼真琴の略歴 / 礼真琴の素顔

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする