スカーレットピンパーネルとは?あらすじ、魅力、配役を初演から探る

広告 自由サイズ
     

新生星組のトップお披露目公演作品『スカーレットピンパーネル』。

2008年に日本、そして宝塚星組で初演されて

宝塚ファンのみならず、ミュージカルファンも心をつかんだ

名作です。

↓↓スカーレットピンパーネル制作発表
スカーレットピンパーネル
(出典:https://twitter.com/)

2010年には月組で再演。

昨年、2016年秋には安蘭けいx石丸幹二のカンパニーでも上演された

ことは記憶に新しいところです。

↓↓【関連記事】




今回、宝塚では3度目の上演。

宝塚大劇場 2017年3月10日(金) – 4月17日(月)

東京宝塚劇場 2017年5月5日(金) – 6月11日(日)

の公演予定。

作品が名作であること、

星組新トップコンビ・紅ゆずる(くれないゆずる)さん、綺咲 愛里(きさきあいり)さんの

大劇場、東京宝塚劇場お披露目公演でもあり、

注目されている作品ということは

これまでにも何度か書いてきました。

先般、配役も発表され

(新人公演配役は2月8日現在、主な配役のみ発表)

稽古も始まり、初日に向けて日々作品が立体化している最中でしょう。

今日は宝塚で3度目の上演となる『スカーレットピンパーネル』のことを

どんな作品なのか、作品としての魅力、星組での再演の魅力を

掘り下げていきます。

スカーレット ピンパーネルのあらすじと魅力

スカーレット ピンパーネル』の時代、社会背景はフランス革命最中。

フランス国王ルイ16世と王妃マリー・アントワネットは

既にギロチンの露と消え、

王太子ルイ・シャルルがタンプルの塔に幽閉されています。

そしてロベスピエールを指導者として

ジャコバン党の革命政府と公安委員会は

次々と貴族達を捉えてギロチンにかけていた

いわゆる恐怖政治の時代が舞台となっています。




スカーレットピンパーネル
(出典:https://twitter.com/)

えっ? なんだか難しそうなお話?

ということはありません。

一言で言ってしまえば 冒険活劇!

いろいろあっても最後には 正義は悪に勝つ!

単純に語ると、水戸黄門的な爽快さのある作品です。

物語は恐怖政治下のフランスを憂い

正義感に溢れるイギリス人、パーシー・ブレイクニー

罪なき貴族達を革命政府の手から救い

フランス王太子であるルイ・シャルルを革命政府から奪還することを決意し

「スカーレット ピンパーネル(紅はこべ)」を名乗り

友人等と共に「スカーレトピンパーネル団」を結成して

勇敢に戦い始めます。




↓↓スカーレットピンパーネルのコスチューム物らしい華やかなシーン
スカーレットピンパーネル
(出典:https://twitter.com/)

そこにパーシーの妻となるマルグリット

革命活動に身を投じた過去のあるマルグリットと

革命政府全権大使ショーブラン

3人の愛憎劇も絡む。

歪んだ方向へ進んでしまった革命政府に対する

民衆の苦しみや貴族の苦悩も伝わるアンサンブルシーンは

決して重苦しくなく当時の人々の感情をが表現されいる一方、

イギリス貴族の宮廷の優雅なシーンも描かれ

群集劇としての魅力も併せ持ちます。

宝塚は一般ミュージカルに比べて出演者の人数が多いですから、

アンサンブルシーンの圧巻なエネルギーは

昨年の安蘭けいx石丸幹二カンパニーによる「スカーレット ピンパーネル」も

これを抜くことはできませんでした。

そういう点も宝塚版「スカーレット ピンパーネル」の魅力です。

↓↓2. スカーレットピンパーネル団の魅力 / パーシーのもう一つの顔

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする