如月蓮の本名、年齢、成績は? 星組、紅5メンバーの略歴

広告 自由サイズ
     

如月蓮の素顔

↓↓楽屋入りでファンにニコニコ!

ファンの方からお手紙を受け取り、ニコニコしながら楽屋へ入っていかれる如月蓮さん。

↓↓東京宝塚劇場、楽屋入りの如月蓮

ファンの方をしっかり見ながら、楽しそうにお話しされています。

お話の内容はよくわかりませんが「熱中症に気をつけて」と聞き取れたので、そんなファンへの気遣いにきっと応援するファンも嬉しくなってしまうことでしょうね。




如月蓮のこれから・・・

タカラジェンヌは数ある舞台の中でも、ダントツにハードなスケジュールをこなす人達です。

2回公演が連続3日なんて、他の舞台ではありえないのでは?

えっ、公演開けの休日が「3日もおやすみあります」とニコニコ言うけれど、一般人の管理人・すみれ子は「3日しかない」の聞き間違い?

そんなことを時々思います。

ハードが日々が原因なのか、理由はわかりませんが・・・

如月蓮さんも2016年1月、紅ゆずるさんのプレお披露目公演となる『オーム・シャンティ・オーム』を全日程休演する出来事がありました。

↓↓ファンの方も心配をされていました。




如月蓮さんに「元気になって欲しい」

それは誰しも思ったことでしょう。

でも・・・

一番悔しく、悲しい想いをされたのは如月蓮さん、ご本人。

そう思っていました。

その後は『スカーレット・ピンパーネル』、『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA(ブーケ ド タカラヅカ)』と舞台で元気に頑張る、如月蓮さんを見つけて、管理人・すみれ子もホッとしました。

「紅5」で一緒に活動していた、上級生の壱城あずささんは『ベルリン、わが愛』『Bouquet de TAKARAZUKA』東京宝塚劇場公演千秋楽をもって退団されます。

今年(2017年)、研14。

経験豊富な男役さんとして、もう星組に欠かせない上級生さんです。

怪我なく、体調万全に整えて、如月蓮ここにあり!

そう存在感のある男役として頑張ってくださることを願わずには入られません。

まとめ

舞台だけでなく、宝塚スカイステージでも幅広い活躍をしてきた如月蓮さん。

「紅5」では、リーダーである紅ゆずるさんを支えチーム力を見せてくれていました。

その紅ゆずるさんがトップである今こそ、トップスターを支えて星組らしい舞台を作るに不可欠な生徒さんである、如月蓮さんについてまとめました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ちはるCLUB より:

    紅5のDVDを持ってます!

    • すみれ子 より:

      ちはるCLUBさん

      素晴らしいですね!
      多分、安蘭けいさんがトップ時代ですよね、紅5が活動していたのは。
      メンバー一人一人の個性が輝いていながら、紅さんをリーダーにチームワークの良さは抜群でしたね。
      やんちゃな下級生がもう大人な上級生さんになったもんだと感慨深いものを感じます。