音咲いつき・本名、年齢、成績と娘役転向の理由&エトワール抜擢の理由は?

スポンサーリンク

音咲いつき(おとさきいつき)さんは宝塚星組に所属する娘役です。

音咲いつきさんと言えば…!

昨年、男役から娘役へ転向し大変話題となりました。

男役時代から歌唱力に定評があり、娘役に転向してからも美しい歌声と音域の広さが評価され、早くも大役「エトワール」に抜擢されています。

娘役となり、新たな輝きを放つ音咲いつきさん。

そんな彼女のプロフィールや経歴、魅力に迫ります。

スポンサーリンク

音咲いつきのプロフィール

音咲いつき(おとさきいつき)
宝塚音楽学校入学 2008年4月
宝塚歌劇入団 2010年3月
入団期 96期生
入団時席次 36人中6番
初舞台 月組「THE SCARLET PIMPERNEL」
出身地 神奈川県藤沢市
出身校 市立御所見中学校
身長 167㎝
誕生日 6月27日
血液型 O型
芸名の由来 家族で考えたそう
愛称 いーちゃん、まい
家族
本名 斎藤麻衣

音咲いつきさんと宝塚の出会いは、幼稚園の頃の初観劇。

2008年4月、宝塚音楽学校へ入学します。

高校へは進学されていないことから、中学卒業時に宝塚音楽学校に合格。

気になる年齢は、1994年生まれの現在24才ではないかと推測できます。

2010年3月、96期生として宝塚歌劇団に成績6番で入団。

かなり優等生ですね!

月組「THE SCARLET PIMPERNEL」で男役として初舞台を踏まれました。

スポンサーリンク

同期生には

  • 現在星組トップ娘役・綺咲愛里(きさきあいり)さん
  • 星組男役・紫藤りゅう(しどうりゅう)さん
  • 宙組男役・和希そら(かずきそら)さん
  • 元花組トップ娘役・花乃まりあ(かのまりあ)さん
  • 元雪組トップ娘役・咲妃みゆ(さきひみゆ)さん

など多くのトップ娘役を輩出しており、96期は「娘役の宝庫」とも言われているのです。

↓皆さん初々しいですね!

スポンサーリンク

↓96期初舞台ロケットの様子です

スポンサーリンク

初舞台後は星組へ配属。

その後、歌唱力は勿論。

はつらつとした演技力が評価され、新人公演では重要な役処に次々と抜擢。

2015年11月にマグノリアホールで開催された

「第6回 マグノリアコンサート・ドゥ・タカラヅカ」では、星組を代表する主要キャストとしてその美声を披露されています。

また、タカラヅカスカイステージから発売されたCD「日本の歌vol.5」にも参加。

  • 今日の日はさようなら
  • 赤トンボ

などの楽曲を歌い幅広い活躍を見せました。

それから、2017年7月に上演された「阿弖流為」を最後に同年、8月7日付けで娘役へ転向。

新たな挑戦のスタートとなったのです。

↓↓ 2. 音咲いつきの舞台略歴

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. すみれ子 より:

    そうですね!
    私も寿ひずるさんに結構ハートを射抜かれていたかなぁ(^^;)

  2. ちはるCLUB より:

    いーちゃんと言えば寿ひずる。