宝塚大劇場とさよなら千秋楽、星組トップ北翔海莉と妃海風

広告 自由サイズ
     

とうとうこの日がやってきました。

星組トップスターコンビ、北翔 海莉(ほくしょう かいり)さんと妃海 風(ひなみ ふう)さんの大劇場卒業の日です。

先週、感激してこういうエンタテイナーと呼びにふさわしいトップさんは、そうそう出てはこないのだろうとしみじみと思いました。

月組 → 宙組 → 専科 を経て、実力がありながら不遇を感じる時もありました。でも、その中でもがき苦しみ大きな何かをつかんだからこそ、みっちゃん(北翔)は心に響く歌を届けてくれるエンターテイナーになったのでしょう。

また妃海風さんも、みっちゃんという尊敬する素晴らしい上級生との出会いで、美しく輝き、また一回りもふた回りも大きなトップ娘役さんになられましたね。

残念ながらトップコンビとしての在任期間は短かったですが、濃厚で素晴らしい作品をファンの心の中に残してくれました。

【追記:2016/11/20】
東京宝塚劇場千秋楽ラストデイ 2016/11/20


img14307538

北翔海莉 ザ・ラストデイ DVD





みっちゃん、ふうちゃん、大劇場ご卒業おめでとうございます!

私はムラ(大劇場)のファンなので、もうお二人の舞台姿を観ることはありませんが、きっとお二人をいつまでも忘れることはないでしょう!

楽屋入りの様子

ちょうど台風が来るのではないか? と心配していましたが、台風もお二人を気遣ってくれたのか、ゆっくりとまだまだ南方にいる様子。
本当に良かったです。
↓↓楽屋入り
誰もいない早朝の大劇場楽屋口からみっちゃん(北翔)の入りイベントまで




↓↓ ふうちゃん(妃海)入りイベント

いつもキュートなファッションのふうちゃん、千秋楽もまるでプリンセスみたいで可愛いです。

↓↓【専科】美城れん【星組】美都くらら 楽屋入り


同期のみっちゃんと一緒に退団される道を選ばれた 専科 美城れんさん(みしろ れん)さん。背中に舞う季節外れの「桜」は『桜花に舞え』をイメージされてのことでしょう。
存在感ある西郷高盛、忘れません。

↑↑ 楽屋入りのトップコンビを迎える星組組子さん達。
真っ白や逆に黒のスーツ姿が多い千秋楽入りの組子さんなのに、今日は着物姿。
『桜花に舞え』に合わせてのことでしょう。なかなか粋ですね。

↓↓ ご挨拶 と 花束

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする